お問い合わせTOP

お問合せ電話番号


SS1トップ >  目的でみる!SS1問題解決例 > ログを収集、管理したい

ログを収集、管理したい

Webページの閲覧を制限し、情報漏洩のリスクを低減、業務効率アップ

Webページの閲覧ログを取得

ウィルス感染などの可能性があるページや業務に関係のないページの閲覧は、企業を情報漏洩の危険に晒すだけでなく、日々の業務効率の低下につながります。

SS1では、社員がどの機器でどのようなWebページを閲覧しているかのログを監視することで、そのようなリスクを回避できます。

実際に閲覧したページのURLや、ページタイトルなど詳細情報もすぐに確認できます。

「飲み会」など違反キーワードをあらかじめ設定しておけば、違反キーワードに合致したWebページをすぐに確認できます。

「Web閲覧ログ一覧」画面

特定のWebページの閲覧を禁止

SS1では、閲覧してほしくないWebページのタイトルや文章に対して違反キーワードを設定することで、キーワードに合致したWebページの閲覧を禁止させます。

「オークション」「ショッピング」など業務に関係のないキーワードを設定し閲覧を禁止すれば、業務効率の低下を防止することができます。

キーワードに合致したWebページを閲覧した際に、閲覧は禁止せず警告メッセージを表示する「指導モード」もあり、状況に応じた運用が可能です。

「Web閲覧ログ設定」画面

Webページへの書き込みによる情報漏洩を防ぐ

社内の情報をブログや掲示板に投稿されることは、重大な情報漏洩につながります。

Webログ機能では、Webページへの書き込みを禁止できます。

書き込みを禁止するWebページのURLや、書き込む文章に対して違反キーワードを設定しておけば、キーワードに合致した書き込みを禁止し、情報漏洩を未然に防ぎます。

また、違反した書き込みがどの程度発生するかを、書き込みを禁止せずにモニタリングすることも可能で、社内の状況を把握して対応することができます。

「掲示板ログ一覧」画面

IT資産管理ソフトSS1について

SS1でメールを監視、思わぬ情報漏洩がないか確認できます

メールソフトの送受信内容を監視

SS1では、Outlookなど、各種メーラーでのメール送受信ログを監視できます。メールのタイトル、文章はもちろん、添付ファイルも取得します。

あらかじめ設定したキーワードに合致したメールログだけを取得し、情報漏洩につながる内容のメールだけを効率よく確認するなどの運用が可能です。

監査用メールアドレスを設定すると、メールログ取得対象のメールと同一のメールを社内の管理者に対して送信し、管理者によるメールチェックも簡単におこなえます。

対応メーラーはこちらをご覧ください

「メールログ一覧」画面

Webメール、グループウェアのメールも監視

各種メーラーのログだけでなく、グループウェアやWebメールのメール送信ログを監視することができます。

社内PCからメーラーを介さずに重要な情報が漏洩していないか確認できます。

あらかじめ登録されているグループウェアやWebメールだけでなく、新たに発見したフリーメールも新規登録することで、漏れなくメールログを取得、監視できます。

IT資産管理ソフトSS1について

SS1は、情報漏洩につながるPC操作など、様々なログを柔軟に監視できます

PCのあらゆる操作ログを取得

SS1では、クライアントPCの操作ログを取得し、重要なファイルの無断コピーや、不要なアプリケーションの起動などの行為を監視します。

重要ファイルのコピーや削除、ウィンドウタイトルやアプリケーションの保存先まで記録するので、どのような操作をおこなっているか詳細に確認できます。

「PC操作ログ一覧」画面

ほしい操作ログだけを選んで確認

すべての操作ログを取得すると、膨大な量のログになるため、不正な操作ログの確認が遅くなってしまう可能性があります。

SS1なら、重要なファイルや不正なアプリケーションが多いドライブやフォルダ、重要書類にアクセス権のあるユーザーや機器など、 条件を指定してログを取得することができます。

またログを確認する際は、様々な検索条件を組み合わせることで、リスクの高い操作ログを効率よく発見できます。

取得・選択できるログの種類についてはこちらをご覧ください

「PC操作ログ設定」画面

IT資産管理ソフトSS1について

サーバーのログもあわせて管理できるSS1

効率よくイベントログを取得

SS1は、Windowsサーバーのイベントログを取得し、一覧で確認できます。シンクライアントやリモートPCからの操作ログも取得します。

取得できるイベントログは多岐にわたるため、取得するイベントログの種別を限定することで、必要なログだけを抽出し膨大なログを確認する手間がかかりません。

また、特定の文字列やイベントを含むログを取得した際に管理者に対して通知する機能があるため、サーバーの異常など不測の事態にいち早く対処できます。

「サーバーログ監視状況一覧」画面

IT資産管理ソフトSS1について