ソフトウェア管理

ライセンス管理や使用制限、業務実態の把握など幅広い用途に活用

ソフトウェアの使用禁止や強制アンインストールが可能

ソフトウェアのインストール状況を一覧で確認でき、危険性のあるソフトウェアを使用禁止にしたり、強制的にアンインストールさせることができます。

使用状況や過不足数を可視化し、ライセンス管理や業務実態の把握を実現

購入数とインストール数を比較することで、ライセンスの過不足状況が一目でわかります。また、ソフトウェアの使用時間やキーボードの打鍵回数など、詳細な使用状況も、ログで確認できます。ライセンス違反の防止・割当の見直しをはじめ、業務実態の把握も可能です。

ソフトウェア管理

※画像クリックで拡大

ソフトウェア管理機能のご紹介

危険性のあるソフトウェアの利用制限・削除

危険なソフトウェアに対して、警告表示、使用禁止、強制アンインストール、アンインストール指導通知など様々な制限ができ、運用方法に合わせて選択します。

ソフトウェアの使用状況に合わせた柔軟な運用が可能

ソフトウェアの運用方法は下記の二通りです。

ホワイトリスト形式 使用を許可するソフトウェアを指定し、それ以外のソフトウェアの使用を制限する方法
ブラックリスト形式 使用を禁止するソフトウェアを指定し、それ以外のソフトウェアの使用は制限しない方法

ソフトウェアの使用制限を一時的に解除

ソフトウェアの使用制限で業務に支障が出る場合などに備え、時間や条件を指定してソフトウェア使用制限を解除することができます。出張先など、ネットワークに接続していなくても、パスワードを入力するだけで一時的にソフトウェア使用制限が解除されるため、状況に応じた運用が可能です。

ライセンスの過不足確認と再割当でコスト削減

ソフトウェアのインストール数とソフトウェアライセンスの購入数から、ライセンス過不足状況を確認できます。長期間使用されていないソフトウェアを一覧で確認し、ライセンスを必要な部署や機器に再割当することで、ライセンスを有効活用できます。

kinou_sw_01.png

ソフトウェアの使用状況を確認

インストールされているソフトウェアがどの程度使用されているかを確認できます。ウインドウがアクティブであった時間に加え、キーボード打鍵やマウスクリックの回数も取得。業務実態を把握することで働き方の改善につなげたり、必要なソフトウェアであるかの判定材料として活用できます。

kinou_sw_02.png

プロダクトキー取得でMicrosoft製品の棚卸を効率化

Windows OS、Microsoft Officeのインストール時に入力したプロダクトキー(下5桁)を自動収集します。どの機器にどのプロダクトキーが入力されているかを突合でき、棚卸などで役立ちます。

バージョン違いのソフトウェアをまとめて管理

バージョンが異なる同類のソフトウェアなどをまとめて「グループ」として管理し、現状に合わせた柔軟な設定が可能です。

kinou_sw_03.png

ソフトウェア管理に役立つ、独自のソフトウェア辞書搭載

SS1では、約202,000件*のソフトウェア辞書を搭載。社内で利用しているソフトウェアと辞書情報を結びつけることで、ソフトウェアの選定に役立ちます。 *2021年6月現在

さらに、辞書に登録されていない不明なソフトウェアは、ディー・オー・エスが無償で調査を代行します。ソフトウェアの有償・無償など、最新の詳細情報を把握したうえでソフトウェアを管理できます。

kinou_sw_04.png

ソフトウェア辞書項目(2021年6月現在)

登録ソフトウェア数 約202,000種類
登録メーカー数 約13,200メーカー
ソフトウェア辞書項目
  • エディション
  • バージョン
  • 名寄せグループ
  • 有償/無償
  • ソフトウェア種別(OS、ミドルウェア、ドライバ、ユーティリティーなど)
  • ライセンス種別(製品、フリーウェア、アドウェアなど)
  • 備考
  • 製品URL
  • メーカー名
  • メーカーURL

機能一覧

  • ライセンス管理(ライセンス情報、使用機器情報・使用状況、ソフトウェアのグルーピング)
  • ソフトウェア管理(使用者/使用期間情報、使用禁止/アンインストール設定、使用ポリシー違反管理/通知)
  • ソフトウェア台帳出力
  • 独自ソフトウェア辞書搭載
  • モリサワフォントライセンス対応
  • Windows ストアアプリ対応
  • MS製品プロダクトキーの取得
  • ソフトウェア情報調査
  • ソフトウェア使用ログ