お問い合わせTOP

お問合せ電話番号


SS1トップ >  機能一覧 >  働き方改革サポート機能

働き方改革サポート機能

テレワーク端末の管理をはじめ、長時間労働の是正や業務可視化を支援

PCの使用制限や残業申請提出の徹底で、長時間労働・不正残業を抑止

業務時間外にPCを使用できないように電源を強制的にOFFにするなど制限をかけられます。残業する場合は、ワークフロー申請や残業理由の申告を必須とする運用が可能で、時間や理由をログとして残します。

PCの稼働状況・ソフトウェアの使用状況を可視化し、勤務実態を把握

ログ取得により、無断残業・休日出勤の有無や、業務時間外・テレワーク時の作業内容を把握できます。マウスクリックやキーボード打鍵回数の確認や、勤怠システムで管理しているデータとの比較もおこなえます。

ログレポート機能(拡大画像)

※画像クリックで拡大

働き方改革サポート機能のご紹介

社外に持ち出すテレワーク端末の管理、セキュリティ対策が可能

社外ネットワーク上のPCに対しても、インターネット経由でのインベントリ情報や各種ログの収集、セキュリティポリシーの適用が可能です。VPN環境のない自宅やサテライトオフィスなどで作業するテレワーク端末の管理や情報漏洩対策に活用できます。

インターネット経由の情報収集

業務時間外のPC使用を制限し、長時間労働を抑制

定時前など指定した時刻に、PCのデスクトップにメッセージを表示し、残業申請の提出や作業終了を促すことができます。残業する場合は、ユーザー自身に残業理由を入力させたうえで、使用時間を延長するといった運用が可能です。

定時・申請した残業時刻を超過した場合は、PCを強制的に電源OFF、ネットワーク切断、強制ログオフにするなど使用制限でき、長時間労働を抑制します。ノー残業デー実施などにも有効です。

PC使用時間制限の詳細はこちら

PC使用時間制限

PC稼働ログの確認で、勤務状況を把握

PC稼働時間をグラフで表示できるので、誰がどれくらい残業をしていたかといった勤務状況が一目瞭然。勤怠管理システムなどで取得したデータを取り込んで、PC稼働時間と並べて比較できるので、勤務実態の把握も簡単です。

また、「1ヶ月の残業時間が100時間以上」などの基準を超過したPCをアラート表示でき、改正労働基準法に基づいた運用がおこなえます。

ログレポートの詳細はこちら

「PC稼働状況と勤怠データと差分」画面

ソフトウェア使用状況から、勤務実態の可視化

ユーザーごとのソフトウェア使用時間を集計しグラフで表示。月/日/時間単位でソフトウェアの使用状況を確認できるため、勤務実態の把握や傾向の分析に役立ちます。

また、マウス操作時間やキーボードの打鍵回数など、詳細な使用状況もログで確認でき、働き方の改善やテレワーク時の証跡としても活用できます。

ログレポートの詳細はこちら

「時間帯別ソフトウェア使用状況」画面

機能一覧

  • テレワーク端末の機器管理、ポリシー適用、ログ収集
  • PC使用時間制限
  • PC稼働状況レポート
  • ソフトウェア使用状況レポート
  • ソフトウェア操作ログ収集
  • ワークフローによる残業申請/承認

SS1を活用した「問題解決例」はこちら

SS1の価格体系
SS1オンラインセミナー
システムサポートラボ