お問い合わせTOP

お問合せ電話番号


SS1トップ >  機能一覧 >  基本機能(PC使用時間制限)

PC使用時間制限

残業内容の把握やPCの使用制限など長時間労働抑制で「働き方改革」を支援

PCの使用を制限し、長時間労働を抑制

勤務時間外にPCを使用できないように電源を強制的にOFFにするなど、使用を制限できます。定時前など指定した時刻にメッセージを表示し、残業する場合は、ユーザー自身に残業理由を入力させたうえで、使用時間を延長するといった運用が可能です。

PCの使用制限ログの取得により、残業内容の把握が可能

PC使用時間の延長があったユーザーの残業理由や時間をログで確認できます。何度も同じ残業内容で申請されているといった、作業の偏りや残業の多い部門などが把握でき、改善の目安として活用できます。

PC使用時間制限機能(拡大画像)

※画像クリックで拡大

PC使用時間制限機能のご紹介

契約形態ごとの勤務ポリシーの作成、管理が可能

正社員や契約社員、パートといった勤務形態ごとに、勤務パターンを登録できます。複数のシフトが存在する場合でも、効率的にPCの使用時間を制限できます。

「勤務ポリシー設定」画面

勤務時間外に強制的に社内PCの電源OFFが可能

PCの使用制限内容や適用時間、適用対象を設定したポリシーを作成できます。使用制限内容は、電源OFF、ネットワーク切断、強制ログオフなどが選択可能。

適用対象も、部門単位、機器単位、ユーザー単位など詳細な設定ができます。

「使用制限ポリシー設定」画面

PCログオン時間の把握により、業務時間外のログオン状況を把握可能

ユーザーごとのPCログオン・ログオフ状況から、使用時間を集計し一覧として表示できます。日単位、月単位の勤務時間や残業時間、休日出勤の把握が簡単にできます。

「ユーザー別PC使用状況一覧」画面

使用制限・延長理由をログで確認し、方針策定に活用

電源OFFなど使用制限がおこなわれた内容をログで確認できます。ユーザー自身が使用時間を延長した理由もログで確認できるため、残業内容や傾向を把握し、長時間労働抑制のための方針策定にも活用できます。

「PC使用時間制限ログ一覧」画面

例えば、使用時間の延長理由など実態を把握したうえで部門ごとに制限設定を変更する、段階的に制限を強めるなど、実態に合わせた無理のない長時間労働の抑制を実現できます。

「3ステップ」図

ワークフローシステムと連携し、使用時間の延長を承認制で実施

SS1のワークフロー機能と連携することで、ユーザーはPC使用時間の延長を発行し、承認者の許可を得た場合のみ、PCの使用時間を延長できます。

「ワークフロー機能」についてはこちら

「残業申請承認」イラスト

※承認制のPC使用時間延長申請につきましては、別途「ワークフロー」オプションの購入が必要となります。

機能一覧

  • 機器使用制限設定(電源OFF / 強制ログオフ / ネットワーク遮断)
  • 機器使用時間延長ログ保存
  • 機器使用時間管理
  • 勤務シフト管理
  • 機器使用時間制限ポリシーの設定

SS1を活用した「問題解決例」はこちら

SS1の価格体系
SS1オンラインセミナー
システムサポートラボ