お問い合わせTOP

お問合せ電話番号


SS1トップ >  機能一覧 >  オプション機能(ワークフロー)

ワークフロー

PC持ち出しや残業申請、デバイス使用などの申請/承認作業を効率化

各種申請や承認業務フローを電子化

申請フォームや申請ルートは運用にあわせて自由に設定できるので、Webブラウザ上で様々な申請・承認業務がおこなえます。

申請・承認内容がSS1に自動反映されるので、管理業務を効率化できる

社外へのPCの持ち出しや、デバイスの使用、残業申請などの内容は自動でSS1に反映されるため、管理者の手間を削減し、効率よく運用できます。

ワークフロー機能(拡大画像)

※画像クリックで拡大

ワークフロー機能のご紹介

申請フォーム・承認ルートは自由に設定でき、並列承認・代理承認設定も可能

ワークフローの申請フォームは、運用にあわせて自由に設定することができます。機器の使用者やPC名などの項目を、SS1の登録情報から参照することも可能です。

また、複数の承認者をグループとして指定する並列承認設定や、不在時の代理承認者設定もできるため、承認フローの停滞を防げます。

SS1と連携するワークフロー項目
PC持ち出し申請

持ち出したいPCを選んで申請し、申請が承認されると、SS1の機器情報に「期間」や「持ち出し先」などの情報を反映します。

ソフトウェア管理申請

購入やインストールしたいソフトウェアの申請をおこない、承認されると、SS1に該当ソフトウェアの情報を反映します。

PC使用制限(残業)申請

PC使用時間の延長申請をおこない、申請が承認されると、対象機器の使用時間が延長されます。

デバイス利用申請

対象機器でのデバイス一時使用許可申請をおこない、申請が承認されると、対象機器で一定期間デバイス使用制限が解除されます。

* ソフトウェア管理申請、デバイス利用申請については、別途「ソフトウェア資産管理(SAM)」「デバイス制限管理」オプションの購入が必要となります。

申請・承認の内容をSS1に自動反映

社外へのPCの持ち出しや、ソフトウェアの契約・インストール、デバイスの使用、残業などの申請業務がワークフローで簡単におこなえます。

申請内容は自動的にSS1に反映されるため、各種IT資産の管理業務を格段に効率化できます。

ワークフローイメージ

Webブラウザを用いるため、SS1管理クライアント(管理コンソール)がない環境においても、SS1管理者以外の担当者や部門長が、申請を承認することができます。

機能一覧

  • Webワークフローによる各種申請/承認
  • 承認内容のSS1への反映

SS1を活用した「問題解決例」はこちら

SS1の価格体系
SS1オンラインセミナー
システムサポートラボ