問合せフォーム

お問合せ電話番号


ソフトウェア、ライセンスを管理したい

SS1はこんなお悩みをスッキリ解決!

業務に関係ないソフトを使用させたくない

ライセンス違反を防ぎたい

ソフトウェアベンダーからの監査に対応したい

ソフトウェア台帳作成に手間がかかる

Winnyなどの危険なソフトウェア、業務に無関係のソフトウェアを使用制限できます

2種類の運用方法で、柔軟にソフトウェアの使用を制限

業務に関係ないソフトウェアを使用させたくない場合、SS1では下記の2つの形式による管理が可能です。

使用させないソフトウェアを選択する「ブラックリスト形式」と、選択したソフトウェア以外のソフトウェアはすべて使用させない「ホワイトリスト形式」です。

「ブラックリスト形式」では、収集したソフトウェアの一覧から使用を制限したいソフトウェアを選択し、「使用禁止」など運用にあった制限をおこなうことができます。主な運用方法は下記の3つです。

  • 「使用禁止」ソフトウェアの使用を禁止
  • 「強制除去」ソフトウェアを強制的にアンインストール
  • 「除去の指導通知」アンインストールするよう、ユーザーに通知するメッセージを表示

ソフトウェアによって、またユーザーや部門・部署によって運用方法を変えることで、柔軟に運用できます。

「ホワイトリスト形式」では、「使用できるソフトウェアの条件」を設定することで、業務に必要なソフトウェア以外をすべて使用禁止にします。

条件にあてはまらないソフトウェアを自動で使用禁止にするため、厳密なソフトウェア管理ができます。

新しくインストールされたソフトウェアについては使用猶予期間を持たせ、禁止対象かどうかを判断するための時間を確保するといった運用も可能です。

「ソフトウェア監査」画面

「ソフトウェア使用禁止設定」画面

「禁止しているソフトウェアを一時的に使用したい」などの事態にも対応

使用禁止のソフトウェアを一時的に使用する場合には、管理者がSS1で生成した解除用パスワードを対象の機器に入力することで使用可能になります。

急きょ禁止対象のソフトウェアを使用する事態になっても、柔軟な対応が可能です。

「ポリシー解除設定」画面

「ソフトウェア管理」機能の詳細はこちら

「目的でみる!SS1問題解決例」一覧にもどる

お問合せ電話番号

問合せフォーム