お問い合わせTOP

お問合せ電話番号


SS1トップ >  機能一覧 >  Mac OS管理

Mac OS管理

デバイス制限、ログ収集、リモート操作にも対応

Mac OSとWindows OSが混在する環境下でのIT資産管理に最適

Mac OSの機器情報の自動収集や、情報漏洩対策に欠かせないデバイスの制限、各種ログの収集・管理が可能です。また、ヘルプデスク業務に役立つリモート操作も可能で、OSが混在している環境でも、効率的な一元管理を実現します。

詳細な設定ができるデバイス制限、ログ管理でセキュリティを強化

機器単位や部門単位で、制限ポリシーの内容・適用時間を指定するなど、詳細なデバイス制限ができます。また、Webサイト閲覧やファイル操作、メール送受信のログ収集も可能なため、情報漏洩を防ぐなどセキュリティを強化できます。

Mac OS管理(拡大画像)

※画像クリックで拡大

Mac OS管理機能のご紹介

※Mac OSの管理について、一部機能に制限事項がございます。詳細はこちらよりお問い合わせください。

インベントリ情報を自動収集

Mac OSのインベントリ情報も自動で収集できます。収集項目はCPUやメモリなどのハードウェア情報に加え、インストールされているソフトウェアの製品名、インストール日など多岐にわたり、Mac OSの管理・棚卸も正確におこなえます。

Mac OSの機器で収集可能な情報一覧
ハードウェア情報
  • 製品名
  • CPU
  • CPUの個数
  • ドライブ情報
  • メモリ
  • システムドライブ容量
  • システムドライブ空き容量
ソフトウェア情報
  • ソフトウェア名
  • インストール日
  • バージョン
ネットワーク情報
  • IPアドレス(最大3枚)
  • MACアドレス
  • ネットワークアダプター名
  • DHCPの有効/無効
  • デフォルトゲートウェイ
  • DNSサーバ
  • コンピュータ名

Mac OSの対応OS一覧はこちら

USBデバイスなどの使用による、情報持ち出しを防止

機器単位や部署単位など、詳細なデバイスの使用制限が可能です。そのため、SS1に登録されていないUSBメモリなどを介した不正な情報の持ち出しを防止できます。

Webサイトの閲覧ログの収集・閲覧制限が可能

Webサイトの閲覧ログを収集することで、業務に関係のないページを閲覧しているなどの状況を把握できます。該当者には注意喚起し、業務効率化に役立てることが可能です。

また、WebサイトのURLやキーワードを設定することで、閲覧を制限できます。ウィルスに感染するような危険なサイトや、Webメールなどの利用による情報持ち出しのリスクに備えられます。

メールの送受信ログの監視で、危険なメールのやりとりを把握

Mac端末に標準で搭載されているメールソフトの送受信ログを収集できます。外部への情報漏洩につながるやりとりがされていないか、端末毎に把握できます。

上書きやコピー、リネームなどのPC操作をログとして記録

データのコピーやリネームなど、詳細なPC操作のログを取得できます。社外秘データのコピーやリネームといった不審な操作を把握できるため、情報漏洩対策に効果を発揮します。また、データが紛失した際などにも、ログをチェックすることで、原因の特定に役立ちます。

PC操作ログ一覧

リモート操作で、機器のメンテナンスやトラブル対応を効率化

遠方の拠点にある端末にトラブルが発生した場合など、リモート操作で自席にいながらメンテナンスが可能です。SS1のリモートコントロール機能は、接続する側だけでなくされる側も操作が可能なため、ソフトウェアの使い方やトラブル解決方の共有などに活用できます。

機能一覧

  • 機器管理 ※1
  • システム管理
  • ソフトウェア管理 ※2
  • デバイス制限管理 ※1,※5
  • Web閲覧ログ・閲覧禁止設定 ※1,※5
  • 電子メール送受信ログ ※3,※5
  • PC操作ログ ※1,※5
  • リモートコントロール ※4

※1:一部機能に制約がございます。

※2:ソフトウェアの制限等はできません。

※3:OS X 10.8以降に標準で搭載されているメールのみ対応しています。

※4:VNC互換となります。

※5:デバイス制限、ログ収集機能を利用するには常駐型Agentが必須となります。

SS1の価格体系
SS1オンラインセミナー
システムサポートラボ