お問い合わせTOP

お問合せ電話番号


SS1トップ >  SS1の特徴 >  機能一覧 >  オプション機能(ログレポート)

ログレポート

セキュリティの強化や労務管理などに役立つ機能が充実

ログを集計し、セキュリティポリシー遵守状況やPC稼働状況をチェック

SS1で取得したログを集計し、違反行為の多い部署や機器など社内のセキュリティ状況を可視化できます。また、機器ごとのPC稼働状況も一目で把握できるため、無断残業や休日出勤がないかといった確認にも役立ちます。

多様なログデータをまとめて検索、ログの追跡も可能

ログレポート機能では、特定の機器のPC操作ログやweb閲覧ログなどを時系列で確認できます。ログの追跡も可能で、不正行為の確認やトラブルの原因究明も、効率的におこなえます。

ログレポート機能(拡大画像)

※画像クリックで拡大

ログレポート機能のご紹介

SS1で取得したログを集計し、レポートを自動作成

集計したログをもとに、違反行為の件数や傾向などのレポートを自動で作成します。違反行為の多い部署や、検出されやすいキーワードが一覧で表示され、社内のセキュリティ遵守状況を簡単に確認できます。

「ログ診断一覧」画面

PCの稼働状況やライセンス状況など、ログ以外のIT資産状況も一目瞭然

PC稼働状況レポートでは、PCの稼働状況から部署に設置しているPCが無駄なく使用されているか、業務時間外にPCが使用されていないかなどを確認でき、労務管理にも役立てることが可能です。

ライセンス状況レポートでは、ソフトウェアライセンスが適切に使用されているか簡単に確認できます。

「ポリシー遵守状況」画面

他にもログレポート機能では、様々なIT資産情報を簡単に確認できるレポートが充実しています。

出力レポートの種類

PC稼働状況レポート(PCのログオン時間と稼働時間の比較)

ポリシー遵守状況レポート(月ごとのポリシー遵守度を確認)

ライセンス状況レポート(ライセンスの過不足や加減状況を確認)

IT資産保有状況レポート(機器種別ごとの管理台数の増減を確認)

PC一覧表(全社/支店/部門ごとの機器の使用者や機器情報を一覧表示)

下記のレポートは、該当するログ機能の全社/支店/部門ごとの違反キーワードとその違反回数を集計したレポートです。

  • 印刷集計レポート、Web集計レポート、メール集計レポート

情報漏洩や勤怠違反などのリスクを簡単に把握

メールやPC操作などのログが増加した場合、日報メールで管理者に通知されます。ログ増加の原因を確認し、情報漏洩などのリスクがないか迅速に把握することができます。

また、休日や時間外のPC稼働も通知されるので、勤怠違反の把握にも役立ちます。

「PC稼働状況レポート」画面

SS1で収集したログを一括検索

ログレポート機能では各ログをまとめて検索できます。機器やログオンユーザー、部署などを対象に、PC操作やweb閲覧、メール送受信などのログを時系列順確認することが可能です

「ログレポート検索結果」画面

情報漏洩につながる不審なログを追跡

不審な操作などのログがあった場合、ドライブへのコピーからリネーム、メール添付など、該当のファイルに対する操作を追跡し、時系列順で検索・表示します。情報漏洩の危険性のあるログを即座に把握し、トラブルの原因究明に役立てることができます。

「ログ追跡」画面

機能一覧

  • 日報メール通知
  • 各種レポート出力(PC一覧表、PC稼働状況、ログオンユーザー状況、IT資産保有状況、ライセンス状況)
  • ポリシー遵守状況レポート(ソフトウェア監査、ファイル収集、デバイス制限、Web、メール、印刷)
  • ログ収集レポート(Web、メール、印刷)
  • 各種ログの横断検索
  • ログ追跡
  • リスク診断

SS1を活用した「問題解決例」はこちら

SS1の価格体系
SS1オンラインセミナー