株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ 様

結婚式場・ホテルなど、全国87拠点のIT資産管理工数を削減し、情報システム業務の効率がアップ!

株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ様イメージ

IT資産管理ソフトウェア選定のきっかけ

柔軟な管理、運用ができる幅広い機能性

ITの専任者がいるのは本社のみであり、複数拠点のPCをIT資産管理ソフトにて集中管理する必要があったが、SS1導入前に利用していたソフトでは、 機能が限定的で管理性に乏しく、柔軟な管理、運用ができなかった。そのため、IT資産の有効活用に役立つ、幅広い機能をもったソフトを選定する必要があった。

IT資産の正確な把握

セキュリティ管理についてはセキュリティ対策ソフトでカバーしているため、IT資産管理機能を重視した選定となった。 また、事業拡大に伴い店舗間でPCの移動が頻発しているため、IT資産を正確に把握できるシステムを必須条件とした。

必要な機能の充実

ITコスト抑制やセキュリティ管理の観点から、未使用PCの回収、再配布を徹底しているため、遊休PCを自動検出できる機能を備えたシステムが必要であった。

SS1に決めた理由

充実した基本機能(IT資産管理、運用支援)

IT資産を一元管理し、必要な情報をエクスポートできるなど、基本となる資産管理機能が充実していた点。 また、IT資産の変更履歴が毎日自動で通知される日報画面や、業務に関するアンケート、PC使用者へのメッセージ通知ができるなど、 幅広い運用ができる点や、管理者にとって使いやすいGUIであったことも選定の決め手となった。

Active Directory連携や未許可PCの検出など、多彩な拡張機能

一定期間PCを利用していないユーザーの把握や、本社でしかできなかった、未許可PCの検出が全拠点でできるようになる点。

優れたサポート体制

導入、展開などの容易さに加え、導入後もユーザー専用サイトからファイル配布ツールをダウンロードできるなど、優れたサポート体制も選定の大きな要因であった。 最終的に、1,000台以上のPCへのエージェント展開が1週間程度でおこなえた。

システム構成図

株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ様システム構成図

導入効果

管理運用工数の削減

店舗間でのPC移動への対応など社内IT資産の管理業務に、本来の情報システム運用業務が圧迫されていた。 SS1の導入によってPC情報を一元管理できるようになったうえ、リース契約、ソフトウェアライセンス数などを 必要に応じてExcelファイルでエクスポートできるようになり、管理工数を大幅に削減することができた。
また許可していないPCの検出や、ソフト、ハードなどの変更情報が日報で自動通知されるようになったことで、 日々の運用業務の負担が軽減した。結果、これまでIT資産の管理にかかっていたリソースを、 本来の情報システム運用業務にあてることができるようになった。

今後の展望

アンケート、メッセージ機能の活用

アンケート、メッセージ機能を、社内アンケートやPC利用者の確認、システムメンテナンス通知といった社内情報の共有に役立てたい。

リモートコントロールによるシステムメンテナンス

店舗が休日の際、vPro機能によるリモートコントロールによってPCを立ち上げ、メンテナンスをおこなうなど、業務の妨げとならないようにヘルプデスク業務をおこないたい。

ログレポート機能の活用によるPC活用状況の把握

PCの利用時間を測定し、社内のPCが有効活用されているかの確認に役立てたい。

株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ 様ロゴ
株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ ご担当者様

経営企画部 情報システムチーム栃木 孝之 様(左)後藤 正太 様(右)

社名には、「世の中のニーズを汲み取り(take)、そのニーズを満たすサービスを提供する(give)」という想いが込められている。「一顧客一担当者制」や「一軒家貸し切り」など、ハウスウェディングのパイオニアとして、クオリティ重視型の事業を展開。

名称 株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ
https://www.tgn.co.jp/
本社 東京都品川区東品川2丁目3番12号
シーフォートスクエアセンタービル17階
資本金 52億6,433万円 (2012年3月31日現在)
業種 ウェディングプロデュース
・一軒家完全貸切スタイルのハウスウェディング
・レストランウェディング
・ホテルウェディング
管理台数 1,440台(導入時:1,230台)
購入オプション 未登録PC管理
PC操作ログ
サーバーログ
ログレポート
Active Directory連携
リモートコントロール
インシデント管理