日清紡ホールディングス株式会社 様

事業所・関連会社のIT資産の効率的な管理・運用を実現!!

日清紡ホールディングス株式会社様イメージ

IT資産管理ソフトウェア選定のきっかけ

IT資産管理ソフトの必要性

2009年4月に当社は持ち株会社「日清紡ホールディングス株式会社」に生まれ変わり、各関連会社と連携した統括的かつ一貫した管理が必要と判断しました。
手入力での登録作業を主体とした自社開発のIT資産管理システムを廃止し、リアルタイムでの各会社の状況把握や、グループ全体としてのIT資産管理の効率化・運用コストの削減を目指すべく、IT資産管理ソフトの導入に至りました。

SS1に決めた理由

・管理者用画面の操作性が優れている
・ソフトウェアの利用制限として、ホワイトリスト形式での機能がある
・Active Directoryとの連携機能により、組織・使用者情報が自動登録できる
・ソフトウェア資産管理の機能として、ダウングレードライセンスの管理も可能である
・オプション機能が豊富で拡張性がある

システム構成図

日清紡ホールディングス株式会社様システム構成図

導入効果

・自動収集機能により、リアルタイムな情報が確認できるようになった
・様々な検索条件でIT資産を調査することが容易になった
・ソフトウェア配布やバッチプログラムの適用が一覧よりおこなえ、状況確認も可能になった
・サーバー機器のリソース監視やネットワーク機器の死活監視も簡単におこなえるようになった
・関連会社も含めたIT資産の運用管理が一括でできるようになった

今後の展望

ログレポートのPC稼働率などを活用したIT資産の有効活用

ソフトウェアの利用制限の実施

インシデント管理機能などのオプション機能の検討

名称 日清紡ホールディングス株式会社
http://www.nisshinbo.co.jp
本社 東京都中央区日本橋人形町2丁目31番11号
資本金 27,587百万円(2010年3月31日現在)
業種 繊維、ブレーキ製品、紙製品、精密機器、化学品、エレクトロニクス製品、不動産など
管理台数 3,400台(導入時:3,200台)
購入オプション 未登録PC管理
ネットワーク遮断
デバイス制限管理
PC操作ログ
Active Directory連携
リモートコントロール
ログレポート
ソフトウェア資産管理