お問い合わせTOP

お問合せ電話番号


SS1トップ > 動作環境(サーバー)

動作環境

SS1をご利用いただく際の、構成機器について

動作環境(サーバー系)

動作環境(クライアント系)

動作環境(ネットワーク系)

動作環境(デバイス系)

ブラウザ、メーラー、その他

SS1サーバー

SS1の全データ(資産情報、ログなど)をデータベースに登録し、一括管理するサーバーです。

SS1収集サーバー

任意のIPアドレス範囲内の機器情報、ログなどを自動収集し、SS1サーバーに一括送信するサーバーです。

カテゴリ SS1サーバー(*1) SS1収集サーバー
OS

Windows Server 2008 〜SP2

Windows Server 2008 R2 〜SP1

Windows Server 2012

Windows Server 2012 R2

Windows Server 2016

Windows Server 2008 〜SP2

Windows Server 2008 R2 〜SP1

Windows Server 2012

Windows Server 2012 R2

Windows Server 2016

仮想OS

Hyper-V 1.0

Hyper-V 2.0

Hyper-V 3.0(*2)

Hyper-V 3.1(*2)

VMware ESX/ESXi 4〜6

XenServer 5.6/6.2/6.5

Hyper-V 1.0

Hyper-V 2.0

Hyper-V 3.0(*2)

Hyper-V 3.1(*2)

VMware ESX/ESXi 4〜6

XenServer 5.6/6.2/6.5

CPU CPU2.4GHz以上(4コア以上) CPU2.4GHz以上(4コア以上)
メモリ(*3) 4GB 以上 4GB 以上
ハードディスク(*4)

30GB 以上の空き容量(*5)

15GB 以上の空き容量(*6)

インストールソフトウェア

SQL Server 2005/2008/2008 R2/2012/2014/2016 (*7)

.NET Framework 2.0〜4.6

SS1サーバー

.NET Framework 2.0〜4.6

SS1エージェント

  • SS1サーバー専用のサーバーが必要です。
  • SS1収集サーバー専用の機器を設置する必要はありません。(他サービスとの相乗りが可能)
  • 管理対象クライアント台数分のCALが必要になる場合があります。
  • シンクライアント環境をご利用される場合は、別途お問い合わせください。
  • メモリやハードディスクの容量は、システム環境によって異なる場合がありますのでご注意ください。 お使いのシステム環境、およびご利用方法によっては、記載以外の制限が発生する場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 上記内容は管理対象機器台数が500台で、SS1標準機能のみの運用の場合です。 オプション機能の追加やネットワーク環境、ログ保存期間などにより、上記内容が異なる場合があります。詳細は別途お問い合わせください。
  • 1サーバーあたりに登録可能な機器台数は、お客様の環境に依存します。 詳細は別途お問い合わせください。

(*1)ログレポート、サーバーログ管理などオプション導入時の環境により 別途サーバーが必要となる場合があります。詳細は別途お問い合わせください。

(*2)クライアントHyper-Vを使用した環境は対象外です。

(*3)搭載しているメモリが他のアプリケーションなどで使用されている場合には、 動作が極端に遅くなるなどの場合があります。

(*4)MSアップデート機能をご使用の際は、パッチファイル保存に別途容量が必要となります。 それらのファイルの容量を考慮したハードディスク容量や構成をご考慮ください。

(*5)MSアップデート機能利用時は300GB以上の空き容量が必要です。

(*6)MSアップデート機能利用時は150GB以上の空き容量が必要です。

(*7)SS1 サーバーとログレポートサーバーを別サーバーで運用される場合、別途SQL Server が必要です。 その際ログレポート側では閲覧されるデバイスまたはユーザー分のCALが必要となる場合があります。