株式会社ミマキエンジニアリング 様

PCクライアントの管理がハードウェア、ソフトウェアともにSS1で解決。IT全般統制を実施中。

IT資産管理ソフトウェア選定のきっかけ

IT資産の活用状況の把握

・従来は各部門からの自己申告をもとにPC台帳作成を行ってきたが、管理の限界が見えてきた。
・部門のPCクライアントの利用状況の把握並びにその有効利用及び、ソフトライセンス管理台帳の作成支援を行いたい。

セキュリティー状況の把握

・ウィルス対応ソフトの導入状況把握とPC接続の監視で、未管理PC接続の検出を図りたい。
・セキュリティ上問題のあるソフトウエアの監視を行いたい。

SS1に決めた理由

機能面

・資産管理に必要な機能は全て基本機能に含まれ、オプション機能は必要に応じて選択できる。
・ネットワークのスキャンニングにより、未管理PCの利用が検出できる。
・Active Directoryのユーザーアカウント情報をSS1に自動反映(AD連携機能)でき、また、長期間未使用のPC検出による資産の有効活用ができる。

サポート面

・サポートデスクの対応が良く、年間運用コストに見合うソフトウェア改善及びサポートが期待できた。

コスト面

・資産管理からセキュリティー強化まで低コストで実現可能。

システム構成図

株式会社ミマキエンジニアリング様システム構成図

導入効果

IT資産管理

PCクライアント管理データの精度UPと利用部門の調査報告の工数削減ができた。

ソフトウェアの管理・監査

ソフトウェア台帳、ライセンス管理、禁止ソフトの検出などソフトウェアの管理・監視が行えるようになった。

セキュリティーの抑止効果

セキュリティーポリシーの運用強化により、セキュリティーへの意識向上を高められる。

今後の展望

さらなるIT資産情報の有効活用と、セキュリティー意識の向上に活用したい。
関連子会社にまで管理対象を拡大する。

株式会社ミマキエンジニアリング 様ロゴ
株式会社ミマキエンジニアリング ご担当者様

経営情報システム部 森 様

株式会社ミマキエンジニアリング 様イメージ図
株式会社ミマキエンジニアリング 様イメージ図
名称 株式会社ミマキエンジニアリング
https://japan.mimaki.com/
本社 長野県東御市滋野乙2182-3
資本金 20億1,516万円
業種 コンピュータ周辺機器およびソフトウェアの開発・製造・販売
管理台数 1,400台 ※最大システム管理数(導入時:1,000台)
購入オプション ウィルス対策ソフト情報管理
未登録PC管理
デバイス制限管理
Web閲覧ログ・閲覧禁止設定
PC操作ログ
Active Directory連携