問合せフォーム

お問合せ電話番号


導入事例

鹿児島市医師会病院様

システムの安定稼働のため、リモートコントロール、ネットワーク機器の接続管理など、SS1を多方面で活用!
名称

鹿児島市医師会病院

http://www.city.kagoshima.med.or.jp/kasiihp/

所在地

鹿児島市鴨池新町7番1号

施設規模 17診療科、許可病床数 255床
管理台数 600台
購入オプション

未登録PC管理

デバイス制限管理

PC操作ログ

ログレポート

リモートコントロール

鹿児島市医師会は、鹿児島市内の診療所、病院、行政機関等で働く医師で組織される専門職集団で、行政等と協力して鹿児島の地域医療の充実のために努力しています。 鹿児島市医師会病院もその一環として昭和59年6月に開院いたしました。

近年の高齢化社会の進行に伴い、リハビリテーション医療の機能強化や緩和ケア病棟、地域包括ケア病棟の新規開設など、 時代のニーズに則した病院体制にも取り組んでおります。 今後も、患者様の意思と権利を尊重し、会員や地域の医療ニーズに応え、安全で質の高い誠実な医療を提供します。

鹿児島市医師会病院ご担当者様

事務部 医療情報室

楠本様 是枝様 本坊様

鹿児島市医師会病院様イメージ

IT資産管理ソフトウェアの必要性

機器情報の自動収集、メンテナンス性の向上などIT資産管理の強化

SS1の導入以前は、データベース管理システムにて作成した台帳でIT資産を管理していた。 機器を購入した際は、医療情報室で機器にIPアドレスを付与し、各部門に配布していたが、機器情報の変更があった場合は手動で更新する必要があったため、台帳のメンテナンス効率に問題があった。 ソフトウェアのインストール数を集計する際も手作業で情報収集しており、実数の把握に手間がかかっていた。

また、院内のネットワーク機器について、異常が発生しても現場からの連絡があるまで把握できない、診療系システムで高精細モニタを接続したPCなどにトラブルがあった場合は現場に赴いて作業する必要があるなど、機器のメンテナンス面でも課題があった。

柔軟なデバイス制限によるセキュリティ強化と業務の両立

デバイス制限についてはウイルス対策ソフトの機能を用いておこなっているが、デジタルカメラなどのPTP接続については、使用可/不可の設定のみで、読み取り専用等の細かい設定ができず不便であった。 そのため、柔軟な制限設定ができ、業務を妨げないセキュリティの強化がおこなえるシステム導入の必要性を感じていた。

SS1に決めた理由

ネットワーク機器監視機能の充実

当院では電子カルテなど診療系システムの安定稼働のため、インテリジェントハブを多く使用している。 SS1ではインテリジェントハブのポート接続状況の把握や死活監視をおこなえる機能を備えていたため、当院での運用にフィットするというメリットがあった。

使いやすい操作画面

Excel調の直感的に使える操作画面も選定ポイントの一つであった。 当院では4人の管理者がSS1を用いて管理をおこなっているが、使いやすい操作画面であるため、それぞれが詳しい説明を受けることなく扱えている。

サポート体制の充実

導入を検討する際、SS1を当院の環境下で試用していたが、SS1は試用段階から専任のスタッフによる手厚いサポートがあったため、安心して使い続けられるという印象が大きかった。 また、導入後もリモートコントロールによるバージョンアップ作業やサーバーメンテナンスなどのサポートが受けられるという点も大きなポイントであった。

鹿児島市医師会病院様 システム構成図

鹿児島市医師会病院様システム構成図

導入効果

インベントリ情報収集の自動化による手間の削減

SS1の導入により、ハードウェア情報やソフトウェア情報の収集を自動化できるようになった。IPアドレスなど機器情報の一覧を簡単に出力できるようになったので、機器の使用状況の実態把握に役立っている。

また、懸案であったソフトウェアインストール状況の把握についても、手作業で集計することなく自動でインストール数を把握できるようになったため、ソフトウェアライセンス管理における手間を削減することができた。

ネットワーク機器監視による、システム安定稼働の実現

SS1を用いて、インテリジェントハブなどネットワーク機器の使用状況の把握と死活監視をおこなえるようになった。

機器にエラーが生じた場合は、管理者にメールで通知されるため、現場のスタッフから連絡を受ける前にエラーを把握できる。 そのため、ネットワークトラブルで業務影響が拡大する前に処置を施すことができ、システムの稼働率向上に役立っている。

「ハブ接続管理」画面

SS1のハブ接続管理画面(イメージ)

院内PCのメンテナンス性向上

SS1では、診療系システムで必要となる高精細モニタを使っているPCに対しても、リモートコントロールでのメンテナンスがおこなえるため、現地に赴いてPCのトラブルに対応する必要がなくなった。 SS1の管理画面からシームレスにリモートコントロール接続できるので、効率的なトラブル対応ができている。

また、PCのプリンタ設定の確認・変更などもSS1でおこなっており、職員からの問い合わせにも迅速に対応できている。このようにSS1の機能を活用することで、院内PCなど様々な機器のメンテナンス業務を効率化することができた。

今後の展望

ポータブルデバイスの管理

ウイルス対策ソフトによるデバイス制限から移行し、SS1のデバイス制限機能を活用したい。デジタルカメラなどのポータブルデバイスによるPCの接続を柔軟に制限し、セキュリティ体制の強化と、機器管理の利便性向上に努めたい。

各種ログの活用

ログレポート機能を活用することでPC稼働状況を的確に把握し、IT資産の有効活用につなげたい。また、PCの操作ログを取得し、証跡の管理に役立てたい。

鹿児島市医師会関連施設への展開

中央事務局、臨床検査センターなどにもSS1を展開し、IT資産管理の徹底やメンテナンス作業の効率化に活用していきたい。

SS1の価格体系
SS1オンラインセミナー

お問合せ電話番号

問合せフォーム