お問い合わせTOP

お問合せ電話番号


SS1トップ >  SS1の特徴 >  SS1の導入事例 >  導入事例「株式会社エクシング 様」

導入事例

株式会社エクシング 様

SS1への乗り換えで、正確なIT資産管理の実現と、「働き方改革」の第一歩をスタート!PC稼働時間と勤怠管理の突き合わせで無断残業を把握!
名称

株式会社エクシング

http://www.exing.co.jp/index.html

本社事務所

兵庫県尼崎市神崎町12-39

資本金 3億3,400万円
管理台数 400台
事業内容
  • 貨物自動車運送業、自動車運送取扱業、倉庫業、構内運搬業、産業廃棄物の収集運搬業
  • 粘着シートの加工販売/施工請負業、屋内外広告看板の企画/設計並びに販売/施工、塗料の販売及び塗装請負業
  • 土木建築機械の賃貸
購入オプション

デバイス制限管理

Web閲覧ログ・閲覧禁止設定

PC操作ログ

ログレポート

Active Directory連携

リモートコントロール

株式会社エクシング  ロゴ システム管理部 次長 田中 様(左) 主任 甲田 様(右)

システム管理部

次長 田中 様(左)

主任 甲田 様(右)

エクシングは1960年の会社創立以来、危険物輸送を手掛けてきました。

危険物のノウハウを熟知したプロが荷主様のあらゆるニーズにお応えするために、きめ細かな配慮をもって『安心・迅速・確実』な輸送サービスを提供いたします。

株式会社エクシング様トラック

IT資産管理ソフトウェア選定のポイント

既存ツールは機能が充実しておらず、正確なIT資産管理を実施できない

当社では、決まったメーカーのPCを全社的に使用し業務をおこなっており、これらIT資産の管理は専用ツールを導入して実施していた。当時使用していたIT資産管理ツールでは、インベントリ情報を収集できないPCがいくつも発生するなど、台帳の正確性に問題を抱えていた。

また、機能が充実しておらず、ヘルプデスク業務などで日常的に使用するリモートコントロール機能がなかったため、リモート作業の際は別ツールを用いるなど、使い勝手の面でも不満を感じていた。そのため、既存ツールがライセンス更新時期に差し掛かったタイミングで、ツールの乗り換え検討を開始した。

SS1に決めた理由

ひと目見て使いやすいと感じた管理画面

付き合いのあったソフトウェアベンダーに提案してもらい、数社のツールを見比べたが、他社ツールはどこか機械的なイメージで使いにくい印象を受けたのに対し、SS1はひと目見たときから大変使いやすい印象であった。実際の使い勝手を比較するためにデモを受けたところ、印象通りの操作性であったため、SS1を導入することを決定した。

セキュリティ強化やヘルプデスク対応などの機能が充実していた

SS1は、IT資産管理の機能だけでなく、USBデバイス制限などのセキュリティ機能や、当社で必須といえるリモートコントロール機能、ログ管理機能といった、オプション機能が充実しており、統合的な管理が可能であった。また、コストパフォーマンスの高さも導入を決めたポイントであった。

エクシング様 システム構成図

エクシング様システム構成図

導入効果

SS1のリモートコントロール機能で、様々な業務に対応

各拠点でPCなどの配置換えをした際、移動後にPCを立ち上げてもうまく動作しないといった問い合わせがあった場合に、リモートコントロール機能を使って対応している。毎日のPCに関する様々な問い合わせの対応に、SS1のリモートコントロール機能が大変役立っている。

また、当社では基本ブラウザをInternet Explorerに設定しているが、違うブラウザがインストールされていたり、社員が自宅から持ってきた年賀状作成ソフトなどが勝手にインストールされていたことがあった。その際には、ユーザーに連絡しリモートコントロール機能を使って、スムーズにアンインストールできた。

セキュリティ強化のためのログ管理でトラブル解決

情報セキュリティ対策として、SS1でWebサイト閲覧やPC操作のログを収集・確認している。SS1で取得したWeb閲覧ログから、業務時間中に不適切なWebサイトを閲覧している社員を見つけて注意を促すなど、業務に関係ないWebサイトの閲覧防止による作業効率化とセキュリティ意識の向上を図っている。

さらに、社員から「ファイルを消してしまった」や「ファイルが見当たらない」などの問い合わせがあった場合、SS1のPC操作ログ機能で、ファイル喪失前の履歴をたどって調査するなど、以前よりもファイル捜索に無駄な時間をかけずに解決できるようになった。情報の不正な持ち出しなど、セキュリティ対策としてのログ活用に加えて、ヘルプデスク対応にも有効活用できている。

社内で推進している「働き方改革」に効果を発揮

SS1のログレポート機能で、PCの稼働時間やログオン/ログオフ時間を収集し、社員の時間外や休日のPC稼働を定期的にチェックして勤怠状況の把握をおこなっている。社員からの申告とログレポートのPC稼働時間とを突き合わせることで、無断残業の有無を把握できるようになった。

SS1がIT資産管理やログ管理だけでなく「働き方改革」の推進にも役立っている。

今後の展望

WSUS連携機能を用いた効率的なセキュリティ更新プログラム適用

当社ではWSUSサーバーを導入しているが、今後は使い慣れたSS1のWSUS連携機能を利用して更新プログラムを管理し、確実に適用していきたい。

また、人員の追加や減少があった場合は、機器情報にユーザー情報を手間なく反映できるActive Directory連携機能を活用するなど、スムーズな運用を実施したい。

SS1の価格体系
SS1オンラインセミナー
システムサポートラボ