株式会社タツノ 様

日本全国の拠点におけるIT資産を一元管理!
持ち込み機器の把握/制限、ソフトウェアのバージョン管理など、IT統制を実現!

株式会社タツノ様イメージ

IT資産管理ソフトウェア選定のきっかけ

ファイル配布機能を備え、効率的にIT資産の運用/管理ができるソフト

SS1導入以前は、別の運用管理ソフトを用いて社内のPCにファイル配布をおこなっていたが、ソフトのバージョンアップをしていなかったため、新しいOSへのファイル配布ができなかった。
このような背景から、新しいOSへのファイル配布に対応していることを前提に、社内のIT資産を効率的に管理できる機能を備えているという点を、選定ポイントとした。

SS1に決めた理由

コストパフォーマンスの高さ

要件となる上記の選定ポイントを満たし、他社と比較しても安価で導入できる点が導入の大きな要因であった。

充実したIT資産管理機能と、オプションによる拡張性の高さ

PCなどのIT資産については自社で作成したシステムを用いて管理していたが、SS1では、機器台帳などの各種帳票をExcelファイルに出力できるなど、資産管理面において優れた機能があった。また、許可されていないPCやデバイスの検出、クライアントPCの様々なログ管理/分析など、拡張性の高さも選定の理由となった。

システム構成図

株式会社タツノ様システム構成図

導入効果

ファイル配布機能による、ソフトウェア更新などの工数削減

SS1の導入により、新しいOSのクライアントPCにもファイル配布をおこなえるようになったため、ソフトウェアアップデートや新規ソフトウェアのインストールに必要な工数を削減することができた。

IT資産管理工数の削減

以前は、画面でしか確認できなかった情報を、SS1導入後は簡単にExcelファイルなどに出力できるようになったため、IT資産の管理工数削減につながった。

持ち込み機器の制限によるセキュリティの強化

SS1導入以前は、許可されていないPCや記憶媒体などの持ち込みを把握できず、セキュリティ面で不安があった。SS1では未許可のPCやデバイスの利用を制限することが可能であるため、セキュリティの強化に役立った。

今後の展望

さらなるセキュリティとコンプライアンスの強化

ウイルスチェック機能のついたUSBメモリの使用徹底など、セキュリティポリシーの強化や、PC操作ログの把握・分析によるコンプライアンスの強化を、SS1の運用を通じておこなっていきたい。

リモートコントロール機能の導入によるメンテナンス工数の削減

SS1の管理画面から各拠点のPCをリモートメンテナンスし、さらなる工数の削減につなげたい。

モバイル端末(Android OS)の管理

次年度より「SS1 Mobile Manager」を導入し、業務利用するモバイル端末(Andorid OS)の情報管理と、セキュリティ強化を実施したい。

※現在「SS1 Mobile Manager」の販売は終了しております

株式会社タツノ 様ロゴ
株式会社タツノ ご担当者様

IT推進室 課長 沼田 様

1911年「龍野製作所」として創立。1919年には日本で初めてガソリン計量機を開発し、クルマ社会の拡大と共に、事業発展を続けてきた。1963年に世界初の「天井懸垂式ガソリン計量機」を開発するなど独創的かつ先進の技術で常に業界をリードし、モータリゼーションの黎明期から現在に至るまで、国内では60%以上のシェアを維持している。
海外への展開も海外6法人を擁して、アジア・ヨーロッパ・中近東・オセアニア・アフリカなどへ広がり、生産・販売・メンテンナンスを事業展開している。

名称 株式会社タツノ
https://tatsuno-corporation.com/jp/
本社 東京都港区芝浦2丁目12番13号
資本金 4億8,000万円
業種 ・石油用各種機器製造販売
・ガソリンスタンド向け販売業務用OA機器製造販売
・ガソリンスタンド、油槽所、工場用プラントの設計・施工
・石油用各種機器の修理および維持管理
・ガソリンスタンド、油槽所などの施設の土壌環境保全事業
管理台数 1,500台
購入オプション 未登録PC管理
デバイス制限管理
Web閲覧ログ・閲覧禁止設定
PC操作ログ
印刷ログ
ログレポート
リモートコントロール