企業理念・経営理念

トップメッセージ

人と共に、社会発展を目指して

急速に発達し続ける複雑なネットワーク社会において、お客様の「真の要求」をタイムリーにキャッチすることは容易なことではありません。

そのためには、お客様との円滑なコミュニケーションと経験を共有できる「人財」が不可欠な存在となります。「事業は人なり」と言われています。

不可能と思える難事業を克服し、可能にしたのは、最先端技術もさることながら、最終的には携わった人々のどうしても成し遂げたいという思いがあったからだと確信します。だからこそ、企業にとって「人」は財(たから)であり「人財」なのです。

当社は1975年設立当初よりこの「人財づくり」に全力を注いでまいりました。

これからも、お客様の思いを理解し、常にベストソリューションをご提案できるよう、研鑽、努力を重ねてまいります。

代表取締役追立富男

企業理念

お客様1人ひとりに「最適」を提供する技術の探求

当社は1975年の設立以来、絶えず「お客様目線」で考え行動してまいりました。

「どうすれば、もっとお客様に喜んでいただけるか」、その探求の歴史でもあります。

ディー・オー・エスはこれからも、この「どうすれば」を探求しつづけてまいります。

目指すべき姿

Dynamic Companyを目指します

激動の時代を見据え、動的かつ柔軟に自らを変革すること

Optimum Solutionを提供します

顧客満足は「最高」を目指すのではなく、お客様にとっての「最適」を達成することを目指す

Smart Managementを推進します

意思の形成、疎通、決定が正しく素早いこと

社員の姿勢 - 思いやりの3慮

考慮

相手の立場、考え、思いをくみ取り、考えを巡らす

熟慮

本当にこれでいいのかと、更に思いを巡らす

配慮

考慮し熟慮した心を惜しみなく配りつづける

社員の行動3指針

企業理念を体現するのは、そこに従事する「人」です。社員の一挙一動の積み重ねが、企業活動そのものといっても過言ではありません。そのことを踏まえ、当社の社員は以下の3指針を自身の軸として日々省み、行動します。

原因自分論

自分発でものごとを考えれば、成長する。

他人発でものごとを考えれば、後退する。

すべてに謙虚であること

人、自然、文化、伝統・・・すべてに謙虚になれば育てる心が芽生える。

「何のために」という目的意識

目的は軸。軸がなければ、スタートもゴールもない。

台風は軸を中心に巨大なエネルギーに成長する。

ディー・オー・エスの企業理念、企業行動指針 ディー・オー・エスの企業理念、企業行動指針

経営方針

自創経営

ディー・オー・エスでは、経営の基礎となる基本方針として「自創経営」を掲げています。

自創経営とは、社員一人ひとりが、自らの事業フィールドを確立し、主体性を発揮、創造していくことです。