お問い合わせTOP

お問合せ電話番号


SS1トップ >  SS1の特徴 > SS1 ver.11 ご紹介

SS1 ver.11 ご紹介

SS1 ver.11 ご紹介

管理業務の効率化や、働き方改革に役立つ機能が、続々追加!

SS1 ver.11では、Windows 10大型アップデート管理機能をさらに強化。Office 365の更新プログラム配信・適用管理にも対応します。

また、ソフトウェア使用時間をグラフ化する「ソフトウェア使用状況レポート」が登場。業務実態を可視化することで、無駄な作業の見直しや業務効率化を支援し、生産性の向上や長時間労働の是正など、労働環境の改善をサポートします。

その他にも、IT資産に関するアラートを自由にカスタマイズできる機能など、管理業務の負荷軽減に役立つ機能強化を多数施しました。

Windows 10大型アップデート管理機能を強化

WSUSのない環境でも、管理対象機器に対してWindows 10の機能更新プログラムを配布可能。SS1に登録されている機器であれば、ドメイン参加の有無に関わらず配信対象となり、管理画面上でアップデートの進捗を把握できます。

Win10機能更新適用状況一覧

管理対象機器が機能更新プログラムを取得/実行する時間帯や、取得先のサーバーを任意で指定できます。業務への影響が少ない時間帯での実行やネットワーク負荷の分散が可能です。

時間帯や、取得先のサーバー指定

WindowsUpdate設定の一括変更も可能です。更新プログラム適用の延期やダウンロード帯域幅の制限、アクティブ時間、適用後の再起動通知の有無といった設定をSS1で変更できます。

WindowsUpdate設定の一括変更

Office 365 / 2019の更新プログラムの管理にも対応

WSUSでは配信できないOffice 365やOffice 2019の更新プログラムの配信管理を、SS1の管理画面からおこなえます。配信設定の手間削減に加え、配信ポイントの分散によるネットワーク負荷軽減が可能です。

Office 365 / 2019の更新プログラム管理

Office製品をインストールしている管理対象PCに対して、更新プログラムのチャネル設定、ダウンロード先を任意で指定できます。更新プログラムのバージョン情報などは一覧や機器情報画面から確認できるため、Office製品の管理が簡単におこなえます。

更新プログラムのチャネル設定、ダウンロード先指定

ユーザーの業務実態をソフトウェア使用状況で把握

ユーザーごとのソフトウェア使用時間を集計し、カラフルで見やすいグラフで可視化。月単位、日単位での総使用時間・使用時間割合といった観点で集計できるので、業務傾向の分析や振り返りに活用できます。

ソフトウェア月別/日別使用状況

また、1時間ごとにどんなソフトウェアを何分使用したかという詳細情報も確認できます。業務の傾向や実態を把握することで、働き方の見直しやテレワークの証跡など、取得したログをさまざまな業務改善に役立てることができます。

時間帯別ソフトウェア使用状況 日別ソフトウェア使用時間

詳細なソフトウェアの使用状況をログとして取得

だれが、どんなソフトウェアをどれだけ使用していたかという状況をログで確認できます。使用時間の合計に加え、キーボードを打鍵した回数も取得できるため、ソフトウェア使用状況の詳細な把握が可能です。

ソフトウェア使用履歴ログ一覧

ソフトウェアライセンスの無駄使いを抽出し、有効活用を支援

一定期間内のソフトウェア使用状況を集計・表示する機能を追加。「インストールしているが、全く使用していない」といったライセンスの無駄使いを簡単に抽出し、有効活用されているかどうかの判断基準として、割当の見直しに使用できます。

ソフトウェア使用状況集計

IT資産に関するアラートを任意で設定し、自動で通知

機器情報の特定項目の値やソフトウェアのインストール状況について、特定の条件を満たした機器を自動的に管理者へ通知します。管理者が検索や抽出する手間を省き、業務負担を軽減できます。

IT資産に関するアラート設定、通知

様々な条件を組み合わせて柔軟なアラート設定がおこなえるので、機器の有効活用やセキュリティの維持などに幅広く活用できます。

アラート条件指定

管理対象機器の電源ON/OFFを管理し、メンテナンスを効率化

SS1の管理対象機器に対して、Wake on LANを用いた遠隔起動が可能になりました。また、終了時間も任意で設定できるため、夜間の電源ONによる更新プログラム適用、機器の一斉シャットダウンなど、様々なメンテナンス業務の効率化を実現します。

PC電源ON/OFF管理(Wake on LAN対応)

管理対象機器に対しての起動/終了の実行タイミングは、即時実行だけでなく、特定の曜日や月ごとの指定日など、様々な設定が可能です。機器の終了については、電源OFF、ログオフ、再起動など、運用にあわせた設定がおこなえます。

PC電源ON/OFF管理ポリシー設定

設定した電源ポリシーが、いつどの機器に適用されたかといった結果をログを確認できるため、計画的な運用と進捗確認が可能です。

PC電源ON/OFFログ

BitLockerの設定情報を収集し、手軽に状況把握が可能

SS1で管理対象PCのBitLocker設定情報(暗号化の方法/保護の状態/回復キー)を自動収集し、管理者で一元管理することが可能です。

BitLockerの設定情報収集
SS1の価格体系
SS1オンラインセミナー
システムサポートラボ