お問い合わせTOP

お問合せ電話番号


SS1トップ >  SS1の特徴 > SS1 ver.10 新登場

SS1 ver.10 新登場

あらゆるIT環境に、最適なIT資産管理を。

Windows 10更新管理や働き方改革の推進などに役立つ機能を強化

SS1 ver.10では、Windows 10更新管理を効率化するための機能を大幅強化。近年課題となっている長時間労働の抑制を支援し「働き方改革」の推進もサポートします。

さらには「ソフトウェア資産管理(SAM)強化」や「多言語対応」など、さまざまな環境でのIT資産管理を実現する機能を多数追加しております。

IT資産管理ソフト導入検討中の方向け「SS1オンラインセミナー」では、SS1 ver.10を紹介する動画も公開中です。SS1オンラインセミナー詳細はこちら

Windows 10大型アップデート対応を強化

従来のWSUS連携機能に加え、WSUSのない環境でも、SS1を用いた管理対象PCへの機能更新プログラム(FU)配信と、適用状況の確認が可能です。

あらゆる環境での機能更新プログラムの運用効率化を実現できます。

Windows 10大型アップデート対応を強化

「PC運用機能」の詳細はこちら

勤務時間外のPC使用を制限し、長時間労働を抑制

定時前など指定した時刻に、PCのデスクトップにメッセージを表示し、残業申請の提出や作業終了を促すことができます。申請した残業時刻を超過した場合などには、PCの電源をOFFにするなど使用を制限し、長時間労働の抑制が可能です。

PC使用時間制限

「PC使用時間制限機能」の詳細はこちら

インターネット経由で、機器情報やログの収集が可能に

社外ネットワーク上のPCに対し、インターネット経由でインベントリ情報や各種ログの収集、ポリシーの適用が可能になりました。VPN環境のない小規模店舗や、自宅などで作業するテレワーク端末の管理と情報漏洩対策に活用できます。

インターネット経由の情報収集

「機器管理機能」の詳細はこちら

ユーザーライセンスやCPUライセンスの管理に対応

ソフトウェア資産管理をおこなう上で重要となる、CPUライセンスの管理や、ユーザーライセンスの過不足管理が可能になりました。また、有効期限や保守期限切れ、購入数が不足しているライセンス情報を、日報画面やメール通知で迅速に把握できます。

ソフトウェア資産管理(SAM)機能強化

「ソフトウェア資産管理(SAM)機能」の詳細はこちら

ワークフローシステムと連携し、各種申請業務を簡略化

社外へのPCの持ち出しや、ソフトウェアの契約・インストールの申請業務がワークフローで簡単におこなえます。申請内容は自動的にSS1に反映されるため、各種IT資産の管理業務を格段に効率化できます。

ワークフロー連携

「ワークフロー機能」の詳細はこちら

グローバル環境でのIT資産管理に対応

SS1の管理画面が、英語・中国語(簡体字)に対応。英語OS、中国語OSを搭載する機器も管理対象とすることができるため、海外拠点に存在するIT機器の管理にも、SS1が活躍します。

※他社製品との連携機能につきましては、各連携製品の仕様に準じます

SS1の価格体系
SS1オンラインセミナー
システムサポートラボ