お問い合わせTOP

お問合せ電話番号


SS1トップ >  目的でみる!SS1問題解決例 > PC、USBなどからの情報漏洩を防ぎたい

PC、USBなどからの情報漏洩を防ぎたい

不正なネットワーク接続を防ぎ、会社の情報を守る

会社で管理していないPCからの社内ネットワーク接続を制限

SS1の「未登録PC管理機能」で、登録されていないPCが社内ネットワークに接続したことを検知し、管理者に通知することができます。

「ネットワーク遮断機能」をあわせて使用することで、社内ネットワークへの不正な接続を自動的に遮断し、ネットワークの安全を保つことができます。

※「ネットワーク遮断機能」は、SS1と他社製品との連携機能です

「未登録PC一覧」画面

IT資産管理ソフトSS1について

USBメモリなどからの情報漏洩を防止、確実な管理を実現します

状況にあわせて柔軟にデバイス利用を制限

USBメモリやCD-Rなどを用いて、むやみに会社の情報を持ち出すことがないよう、SS1で各種デバイスの使用を制限できます。

USBメモリ、DVD、USBハードディスクなどデバイスごとで使用禁止や読み取り専用など制限方法を選択できるほか、部署や機器ごとで異なる制限をおこなえます。

「特定の部署には読み取り専用」、「特定のユーザーは使用禁止」など条件を組み合わせて柔軟な運用が可能です。

検証済みデバイス一覧はこちらをご覧ください

USBデバイスと同様に、スマートフォンやデジタルカメラを接続して情報を持ち出すといった行為を禁止し、個人情報や機密データの流出を防ぐことも可能です。(MTP、PTP、MSCのデータ転送形式に対応)

「デバイス制限設定」画面
制限指定が可能な項目
  • 部門(部署)
  • 設置場所
  • 利用者(ユーザー)
  • PC
  • 時間
  • デバイスのシリアル番号
  • デバイスの型番
  • ※組み合わせ可能

制限方法、機能の詳細についてはお問い合わせ ください。

USBデバイスを確実に管理

社内で使用するUSBメモリやUSBハードディスク、スマートフォンなどの機器の情報をSS1に登録すれば、より確実なデバイス管理がおこなえます。

デバイスの情報は自動収集するため、複雑なシリアル番号や型番を手入力する手間はかかりません。

またインポート機能によって、一括で情報を登録することも可能です。

シリアル番号や型番を用いて管理することで、登録していないデバイスがPCに接続されたことを、即座に検知できます。

さらにシリアル番号や型番ごとでデバイス制限の運用方法を設定できるため、柔軟なデバイス運用ができます。

「USB登録」画面

IT資産管理ソフトSS1について

通信デバイスからの情報漏洩を防ぐ

Bluetoothや無線LANの通信を制限

Bluetoothや無線LANで通信することで、社内ネットワークを介さずに情報漏洩が起こってしまう可能性があります。

SS1は、社内にある機器がむやみに外部ネットワークに接続しないよう、制限をかけることで情報漏洩を防ぎます。

機器を社外に持ち出して使用する場合のみ、通信デバイスの使用を許可するなど、機器が置かれている環境によって制限あり/なしを自動で切り替えることができ、業務にあわせた運用が可能です。

またBluetoothについては、機器種別を指定して制限できるため、業務で利用するマウスやキーボードなどとの通信は許可し、その他の機器とは通信させないといった柔軟な運用設定が可能です。

「拡張デバイス制限設定」画面

IT資産管理ソフトSS1について

業務の状況にあわせてデバイスを使用制限/許可

使用禁止状態のデバイスを、一時的に使用できる

SS1では、使用制限されている機器で急きょデバイスを使用したい場合に、管理者から一時的に使用許可を出して使用させることができます

SS1から一時使用許可のパスワードを生成し、デバイスを使用したい機器にパスワードを打ち込むことで、使用制限が一時的に解除されます。

デバイスをしっかり管理/制限しつつ、緊急で業務に必要な場合なども、支障なくデバイスを使用することができます。

「ポリシー一時解除」画面

IT資産管理ソフトSS1について