お問い合わせTOP

お問合せ電話番号


SS1トップ >  目的でみる!SS1問題解決例 > PCのメンテナンス、ヘルプデスク対応を効率化したい

PCのメンテナンス、ヘルプデスク対応を効率化したい

社内のヘルプデスク業務の効率が大幅アップ

PCトラブルの対応履歴をデータベース化

社内で発生したシステム障害やPCトラブルの履歴をSS1に登録し、データベース化できます。過去に起きた同様のPCトラブル対応履歴を参照することで、トラブルへの初期対応を素早くおこなえます。

トラブルがあった機器のインベントリ情報やネットワーク情報と紐づけて管理することで、トラブルの原因究明に役立ちます。

「インシデント管理」画面

IT資産管理ソフトSS1について

PCのトラブル対応もSS1におまかせ

遠隔操作でPCをメンテナンス

SS1は、管理画面から簡単に管理対象PCへリモートコントロール接続できます。

機器情報一覧画面から接続できるので、IPアドレスの入力など接続設定は不要です。また、システム管理者が離れた拠点へ足を運ぶことなく機器のメンテナンスがおこなえるので、コスト削減・業務効率化にもつながります。

接続先PCとのファイルのやりとりも可能で、作業に必要なインストールファイルなどを転送することができます。

問題解決例イメージ

IT資産管理ソフトSS1について

SS1で、必要なソフトウェアを一斉にインストール

インストールファイルを配布、実行

指定した機器に対してファイルを配布し、業務で必要なソフトウェアをリモートでインストールします。

配布先のフォルダを指定し、配布時間を設定できるので、手間をかけずに確実にファイルを配布できます。

MSIパッケージのソフトウェアはサイレントインストールもおこなえます。

インストール時に必要なプロダクトコードの入力や特定ボタンのクリックなどの一連の操作を記録し、自動配布・実行させることもできます。

さらに、SS1保守契約ユーザー様専用サイト「CLUB SS1」でご用意している「ソフトウェア配布ツール」を使用すれば、 スクリプトを作成することなく大容量のソフトウェアなどでも、簡単にインストール可能です。

「ファイル配布設定」画面

IT資産管理ソフトSS1について

SS1で、無駄な電力を使わせない

PCの電源管理で手軽に節電

SS1のECO管理機能で、管理しているPCの電源オプションを管理し、消費電力を削減することができます。

「操作がない状態で10分経過するとハードディスクの電源を切る」「操作がない状態で1時間経過するとシステムスタンバイ状態にする」などを設定し、電源をつけたまま操作していない状態が続くというような電力の無駄使いをなくすことができます。

消費電力を測定できるため、電源管理による節電効果も確認できます。

電源設定に迷った場合は、シミュレーション機能もあるため、より効果の高い節電体制を検討できます。

機器の入れ替えが発生した場合は、電力効率の高い機器を導入することによる節電効果のシミュレーションも可能です。

「消費電力量推移」画面

IT資産管理ソフトSS1について