お問い合わせTOP

お問合せ電話番号


SS1トップ > FAQ(全般)

FAQ

SS1に関するよくあるご質問

各機能については「機能一覧」、対応OSやソフトウェアの詳細については「動作環境」をご覧ください。

その他詳細については、右記よりお気軽にお問い合わせください。SS1に関するお問い合わせ

インベントリ情報はどのように収集しますか?

SS1管理者側からの自動情報取得、クライアントPCからの情報の自動送信、 さらに媒体利用によるオフライン型のインベントリ収集の方法があります。

ネットワークにつながっていない機器の情報は管理できますか?

はい、可能です。 ただしネットワークに接続されていない間は、機器情報の更新がおこなわれません。 その場合は、オフラインで情報収集をおこなうことで対応可能です。

遊休PCがないか確認することはできますか?

はい、可能です。 「自動収集機能」によりOSの起動日時や情報の収集日時が管理できるので、 最近使用されていないPCや持ち出されているPCを割り出せます。 エージェントを持たないネットワーク機器も、Ping最終応答日時から判断可能です。

PC以外の機器も管理できますか?

はい、可能です。 PCのほかにルータ、ハブ、プリンタなどのネットワーク機器や、電話などのネットワーク上にない機器も管理できます。

クライアント側でおこなわれたハードウェアの変更やソフトウェアのインストールを確認することはできますか?

はい、可能です。 「差異情報」として確認できます。「検索機能」により、構成が変更された機器のみをリストアップすることも可能です。

IPアドレスの空き状況は確認できますか?

はい、可能です。 「IPアドレス検索機能」で簡単に確認できます。

ソフトウェア辞書の更新頻度は?

ソフトウェア辞書の更新は年2回を予定しています。 保守契約ユーザー様専用サイト「CLUB SS1」より最新版の辞書をダウンロードして更新することが可能です。

知りたいソフトウェアの情報がソフトウェア辞書に記載されていない場合は、調査を依頼できますか?

ディー・オー・エスが無償で調査します。 SS1管理画面より調査を依頼することが可能です。

現在使用しているExcel台帳を流用することはできますか?

はい、可能です。 「インポート機能」で、機器詳細情報や契約情報などが一括登録できます。

「ネットワーク遮断機能」での、監視対象PCの上限値をおしえてください。

監視(遮断)方法により動作が異なります。詳細はお問い合わせください。 (ネットワーク遮断の「動作環境」はこちらをご覧ください)

モバイルPCなど、外部に持ち出したPCのデバイス制限は可能ですか?

社内ネットワークから外した場合でも、対象PCに設定されているデバイス制限(ポリシー)が保持されます。 また、外出先から必要に応じて禁止ポリシーの解除をおこなうこともできます。

外部に持ち出したモバイルPCなどに対して、制御やログの収集をおこなえますか?

モバイルPCなどを外部に持ち出した場合、最後に適用されたポリシーを引き継ぎます。 またクライアント側でログを保持し、次回社内ネットワークに接続した際にログを収集します。(初期値7日間)

SS1の情報(使用者、部署など)をActive Directoryに反映させることはできますか?

SS1より情報を反映することはできません。 SS1からActive Directoryに対しては、アカウントの無効化がおこなえます。

エージェントは、クライアントの上に常駐しますか?

常駐します。 SS1エージェントを常駐させず、PUSH型(機器の起動時に情報を送信)でインベントリ情報を収集することも可能です。(機能制限あり)

遠隔地にある機器のインベントリ情報を収集することはできますか?

可能です。 SS1エージェントがインストールされている機器であれば、LANのセグメントを越えて自動収集できます。

1台のノートPCで、有線LANと無線LANを使い分けしています。インベントリ収集時にはどちらの情報が取得されますか?

1台で複数枚(最大16枚)までのネットワークアダプタを管理できるので、有線LAN、無線LAN両方の情報を取得します。 ただし1つのネットワークカードを、複数のPCで共有して使用している場合は、MACアドレスが重複するため正しい情報を取得できません。(SS1の更新キーをコンピュータ名に設定いただく必要があります)

サスペンドを利用しているPCで、通信が必要な時だけネットワークに接続する運用をおこなっています。 この場合でも機器情報の更新は可能ですか?

はい、可能です。 機器情報を任意のタイミングで収集サーバーへ送信するエージェントがあります。

デュアルブート環境の機器を管理する場合、どのOSの情報が収集されますか?

起動しているOSの情報のみ、収集されます。OSを切り替えると、切り替え後のOS情報が収集されます。 ※両方のOSにSS1エージェントがインストールされている必要があります

Windows7の「Windows XP Mode」の管理は可能ですか?

はい、可能です。 「Windows XP Mode」にSS1エージェントをインストールすることで管理できます。 また「Windows XP Mode」はSS1のライセンスにカウントされません。

海外への持ち出しはできますか?

はい、可能です。(SS1は輸出規制対象外の製品です) ただし、SS1のサポートについては日本国内での使用に限ります。

機器情報に対して、任意で情報を追加することはできますか?

はい、可能です。 SS1は、各機器に対して任意で記入できる備考欄を50個ご用意しています。

ハブの接続状況は確認できますか?

はい、可能です。 「ハブ接続管理機能」により、インテリジェントハブにつながっている機器の接続情報が自動取得できます。

ルータやハブの故障を検出できますか?

はい、可能です。 「ネットワーク監視機能」により、ネットワーク機器の接続状況が確認できます。 ネットワークの接続に異常が発生した場合、管理者へ通知する機能もあります。

ソフトウェアの利用状況は確認できますか?

はい、可能です。 ソフトウェアの最終使用日時、ログオンユーザー名や、1日のトータルのソフトウェア利用時間などが確認できます。

ライセンス不足が発生した際に通知する機能はありますか?

1日1回管理者に「日報メール」が送信されます。「日報メール」には不足しているライセンスの情報が記載されます。 また、SS1管理画面TOPページ(日報画面)でも確認できます。

新たなソフトウェアの利用を、自動的に禁止することは可能ですか?

はい、可能です。 利用を許可するソフトウェアの情報を登録し、それ以外のソフトウェアは自動的に禁止する“ホワイトリスト形式”での使用制限ができます。 その他に、利用を禁止するソフトウェアの情報を登録する“ブラックリスト形式”での使用制限も可能です。

ソフトウェアの有償・無償を判別できますか?

はい、可能です。 有償・無償などのソフトウェア情報の把握やライセンス形態の設定、ソフトウェアグループの作成は、SS1に搭載されている「ソフトウェア辞書」でおこなうことができます。

WindowsOS、OfficeのプロダクトIDの情報は取得できますか?

はい、可能です。 マイクロソフト社のWindowsOS、OfficeのプロダクトID情報が取得できます。(Office 2010、2013、2016のプロダクトIDは、正確な値が取得できません)

「ソフトウェア管理機能」と「ソフトウェア資産管理(SAM)機能」の違いを教えてください。

基本機能に含まれる「ソフトウェア管理機能」に比べ、オプション機能である「ソフトウェア資産管理(SAM)機能」は、以下の機能が充実しています。

  • ライセンスの購入形態別の管理(パッケージ版、ボリュームライセンス版、OEM版など)
  • 機器とライセンスの紐付け(割当)管理
  • ダウングレード、アップグレードなど様々なライセンス形態の管理
  • 棚卸管理
  • ソフトウェア資産管理台帳の出力(ハードウェア/ソフトウェア/ライセンス管理台帳/ライセンス過不足状況一覧、ライセンス割当状況一覧)

標準搭載の「ソフトウェア管理機能」では、ライセンスの購入形態に関係なく、同じソフトウェア名であれば同一のライセンスと見なし、そのインストール合計値から過不足を割り出します。

ダウングレードライセンスは管理できますか?

はい、「ソフトウェア資産管理(SAM)機能」で可能です。 一つのライセンスに対し、ダウングレードで利用している機器が把握できます。また、自動的にライセンスのダウングレード調整をおこなう機能があり、常に最適な状態でライセンスの管理、運用がおこなえます。

Baidu IME(バイドゥ IME)の対策はできますか?

「ソフトウェア監査機能」を使い、インストールされているPCを把握することが可能です。 詳細はお問い合わせください。

Winnyなど、ファイル共有ソフトの対策はできますか?

「ソフトウェア監査機能」を使い、指定したソフトウェアの使用を禁止することができます。 また「ファイル収集機能」を使い、クライアントPCにて実行ファイルを収集し、不正なファイル共有ソフトが存在するかをチェックすることも可能です。

リース物件の満了確認はできますか?

契約情報の「契約帳票機能」により、リース満了物件はもちろんのこと、 契約に関する年度別の支払状況などが確認できます。

デバイスごとに「読み取り専用」「読み書き可能」など制限設定することは可能ですか?

以下の詳細設定が可能です。

  • 全て使用禁止、読み取り可、読み書き可の制限設定
  • PC単位、設置場所単位、ユーザー単位、グループ単位での制限指定
  • デバイス制限設定(ポリシー)を有効とする時間帯(曜日、時間)を指定
  • USBデバイスのシリアル番号、型番単位で指定

デバイスの利用状況をモニタリングできますか?

はい、可能です。 「誰が」「いつ」「どの機器で」「どのデバイスを」利用したかを確認できます。

ネットワークに接続されていない機器でもデバイスの利用を制限できますか?

はい、可能です。 利用を許可している媒体を介して、デバイスの利用制限やログの取得がおこなえます。

デバイスのシリアル番号はどのように登録しますか?

デバイスのシリアル番号は以下の方法で登録できます。

  • 管理者PCに直接USBデバイスを接続し登録(ワンクリックで登録可能)
  • CSVファイルからインポート
  • デバイスの利用ログから登録(ワンクリックで登録可能)※着脱ログ取得時にシリアル番号、型番も取得します。

OneDriveなどのオンラインストレージへファイルをアップロードした場合、ログを取得できますか?

はい、可能です。 オンラインストレージへのファイルアップロードのログ取得だけでなく、利用制限もおこなえます。

メールの送受信を制限することはできますか?

対応していません。 SS1管理画面(SS1管理クライアント)より、実際に送受信されたメール本文(添付ファイル含む)の内容を確認できます。

印刷を制限することはできますか?

はい。機器やユーザー、部署などの単位ごとに、指定したプリンタからの印刷のみを許可するといった制限が可能です。

「PC操作」とは、具体的にどのような操作を監視する機能ですか?

ファイルの操作(新規作成/読み込み/コピー/移動/上書き/削除/名前変更)、 起動アプリケーション(ウィンドウタイトルの取得)、ログイン/ログアウト/シャットダウン/デバイスの接続/接続解除、の各操作を監視することができます。共有ファイルやデバイス内データの操作も監視可能です。

ログの保存期間はどのくらいですか?

SS1のログ保存期間は最大366日です。 それ以上の期間保管したい場合は「ログレポート機能」をご利用いただくことで過去のログデータを保管し、閲覧・検索することが可能です。 「ログレポート機能」では、ログを月単位で分割して出力するため、月単位でログデータの保管が可能です。 そのためテープドライブやストレージサーバーなどにバックアップデータを退避し、必要な月分のみを取り出してデータの検索、閲覧をおこなうことが可能です。

ワークフロー(デバイス利用申請)機能で、承認者の不在により承認が滞ることはありませんか?

承認者を並列設定することで、1人の承認者が不在の場合でも、その他の承認者が申請を承認することが可能です。 並列承認者は10人まで設定できます。

ターミナルサーバーには対応していますか?

対応していません。 (MetaFrameを含むWindowsターミナルサービスが稼働しているPCでの動作はサポートしていません。)

仮想OSには対応していますか?

対応しています。対応状況は「動作環境」をご覧ください。

データベースソフトウェアは必要ですか?

データベースエンジンはSQL Serverが必須です。対応状況は「動作環境」をご覧ください。 管理台数、ご利用オプションによっては、無償配布のデータベースエンジンでも動作可能です。 詳細はお問い合わせください。

NAT、DHCP、Firewall、VPNなどのネットワーク環境も管理できますか?

はい、可能です。 Ping通信可能であればSS1で管理できます。 NAT環境につきましては一部制限がありますので、詳細はお問い合わせください。

シンクライアントには対応していますか?

一部対応しています。 シンクライアントのタイプにより対応できないものがありますので、詳細はお問い合わせください。

SS1専用のサーバーが必要ですか?

SS1サーバーにつきましては専用サーバーが必要です。 SS1収集サーバー(中継サーバー)につきましては専用機器の設置の必要はありません。他サービスとの共存も可能です。

ログ収集やログレポートのために、新しいサーバーの用意が必要ですか?

管理台数が3,000台までの場合、SS1サーバーとログレポートサーバーを同居させることができます。 それ以上の管理台数の場合は、別途ログレポート専用サーバーをご用意していただくことを推奨します。

SS1サーバーはドメインに参加している必要がありますか?

いいえ、ドメインに参加している必要はありません。

SS1収集サーバー(中継サーバー)1台あたりの、管理可能なセグメント数、機器台数を教えてください。

SS1収集サーバー(中継サーバー)1台あたり、100セグメントまでの管理を推奨します。 1サーバーあたりに登録可能な機器台数はWindowsのリソースに依存しますが、検索及びデータ登録時の処理負荷を考慮して5,000台までを推奨します。

SS1エージェントの配布はどのようにしておこないますか?

SS1導入時、弊社で無償のリモートインストールツールをご提供します。 その他にも、媒体/メール配信/共有フォルダを利用してのインストールが可能です。 Active Directory環境の場合は、ログオンスクリプトを利用しての配布がおこなえます。

最新バージョンへのアップデートは無償ですか?

アップデートプログラムは無償でご提供します。 アップデートに伴う作業については、有償となります。

価格体系を教えてください。

価格体系は管理機器の管理制限台数ごとで異なります。ソフトウェアのライセンスはクライアントライセンスとなります。 詳細は「価格体系」をご覧ください。

ライセンスの対象となる機器を教えてください。

ライセンス対象となる機器は、SS1のモジュールを利用して登録された機器になります。 プリンタやルータ、ハブなどのネットワーク機器、その他のエージェントをインストールしない機器、備品などはご購入ライセンス数に関係なく登録していただけます。

ネットワーク監視対象機器やSNMP監視対象機器はエージェントのインストールが必須ですか?

エージェントのインストールは必須ではありません。 IT資産管理情報としての機器情報を登録していれば、ネットワーク監視やSNMP監視として利用することができます。 また、その際はSS1のライセンスカウント対象外となります。

SS1の管理クライアントは何名までインストールできますか?

SS1管理画面(SS1管理クライアント)に利用台数の制限はありません。 SS1での管理を複数人でおこなう場合、全ての方にSS1管理画面をインストールしていただいても問題ありません。

保守サービスの内容を教えてください。

保守サービスの内容は下記になります。

  • 電話やメール、FAXでの操作、運用、技術に関するお問い合わせ対応
  • 動画による操作教育コンテンツの提供
  • リモートメンテナンス
  • SS1の最新バージョンのご提供
  • SS1保守契約ユーザー様専用Webサイトでの情報提供
  • ソフトウェア辞書の定期バージョンアップ、メンテナンスサービス提供

保守契約の期間と料金を教えてください。

SS1の保守は1年契約で、保守費用は、製品価格の15%となります。 契約期間は、導入月の翌月1日から1年間が基本です。

OSの構築やOSに関する問い合わせ対応をおこなっていますか?

OS自体の構築、お問い合わせ対応はサポート対象外です。

SS1に関するお問い合わせ

SS1の価格体系
SS1オンラインセミナー
システムサポートラボ