本バージョン機能紹介メインイメージ

インターネット情報収集強化など「SS1 ver.13.1」新機能のご紹介

ハイブリッドワークの普及により、社外機器の更新プログラム管理や業務実態の正確な把握など、さまざまな課題が顕在化しています。SS1 ver.13.1では、インターネット経由で機器を管理するためのシステム構成の簡略化や、Webサイト使用状況の把握などの新機能を追加。複雑さが増すIT運用管理の効率化や、業務状況の可視化・分析を支援します。

※下記の新機能はリリース前の情報を含みます。リリースについての情報は保守契約ユーザー様専用サイト「CLUB SS1」のロードマップをご確認ください。

インターネット経由での情報収集を強化

お客様の環境内でインターネット収集用サーバーをご用意いただくことなく、インターネットを経由した機器情報やログの収集、ポリシーの配信が可能になります。

本バージョン機能紹介イメージ
本バージョン機能紹介イメージ(スマホ表示用)

Windows大型アップデート配信を効率化

インターネット経由でWindows大型アップデートの更新プログラム配信が可能に。VPNなどネットワーク回線容量に限りのある環境では、更新プログラムをインターネット経由で配信し、回線負荷を軽減するといった設定が柔軟におこなえます

本バージョン機能紹介イメージ
本バージョン機能紹介イメージ(スマホ表示用)

Webアプリやサイトの閲覧状況を詳しくレポート化

ソフトウェアだけでなく、Webアプリケーションの使用状況やWebサイトの閲覧状況を集計し、カラフルな見やすいグラフでレポート化。作業の傾向や実態把握により、業務分析や振り返りに活用できます。

本バージョン機能紹介イメージ
本バージョン機能紹介イメージ(スマホ表示用)

「勤次郎 Enterprise」との連携を強化

SS1で取得したPCのログオン/ログオフ時間を「勤次郎 Enterprise」に取り込み、出退勤時刻とPC稼働状況の 差異把握に加え、「勤次郎」のワークフロー申請と連動した、PCの使用時間制限が可能となります。

本バージョン機能紹介イメージ
本バージョン機能紹介イメージ(スマホ表示用)

機器情報やログの書き出しがより柔軟・効率的に

SS1で取得した機器情報や操作ログなど、必要な項目を自由なレイアウトで出力することが可能に。 スケジュールを設定して定期的に出力できるので、他のシステムとの連携やログの分析などが容易になります。

本バージョン機能紹介イメージ
本バージョン機能紹介イメージ(スマホ表示用)

まずはオンラインデモ、無料トライアルから