問合せフォーム

お問合せ電話番号


システム構成

お客様の環境にあわせて高パフォーマンスなシステム構成を

SS1は「SS1サーバー」と「SS1収集サーバー」を設置してクライアント管理をおこないます。

導入時には、使用するオプション機能や管理台数、ネットワーク回線速度などを考慮してシステム構成を決定します。

下記、基本/分散型/集約型/クラウド型の構成例をご参考ください。

基本:「SS1サーバー」と「SS1収集サーバー」を1台で運用するシステム構成

分散型:ネットワーク負荷を分散させるシステム構成

集約型:管理機器が多い場合でも、メンテナンス性を保つシステム構成

クラウド型:物理的なサーバーを設置することなく導入できるシステム構成

基本のシステム構成

SS1の標準的なシステム構成です。「SS1サーバー」と「SS1収集サーバー」を1台に集約して運用します。

比較的、小〜中規模の環境や、管理セグメント数が50セグメント以下の場合に適した構成です。

基本のシステム構成

分散型のシステム構成

各拠点にSS1収集サーバーを配置し、ネットワーク負荷を分散させます。データ反映速度も向上します。

管理機器の台数が多い場合、管理セグメント数が50以上の場合に適した構成です。

分散型のシステム構成

集約型のシステム構成

データセンターなどにSS1サーバーとSS1収集サーバーを配置します。サーバー機器の設置や導入の作業を削減できますが、ネットワーク負荷がかかりやすくなります。

管理機器の台数が多い場合や、管理セグメント数が50以上で「分散型」の配置にできない場合に適した構成です。

集約型のシステム構成

クラウド型のシステム構成

「Amazon Web Services」や「Microsoft Azure」などのクラウドプラットフォームにSS1サーバーを配置します。

社内に物理的なサーバーを設置することなく、SS1を導入できます。当構成の詳細に関しましてはお問い合わせください。

クラウド型のシステム構成

データの流れは、オプション機能の導入状況により異なります。詳しくはお問い合わせください。

SS1を構成する機器の説明

SS1サーバー SS1サーバー SS1の全データ(資産情報、ログなど)をデータベースに登録し、一括管理するサーバーです。
SS1収集サーバー SS1収集サーバー 任意のIPアドレス範囲内の機器情報、ログなどを自動的に収集し、SS1サーバーに一括送信するサーバーです。複数台設置することができます。
SS1管理クライアント SS1管理クライアント SS1の操作画面を利用する、管理者用PCです。SS1でIT資産管理をおこなうための情報収集、情報登録、各種設定、情報の閲覧をおこないます。
SS1管理対象クライアント SS1管理対象クライアント SS1で管理されるPCです。 (*1)(*2)

(*1) エージェントが配布可能なクライアントPCを指します。

(*2) SS1ではこのほかに、ルーターやハブなどのネットワーク機器や、 ネットワークから認識できない周辺機器(電話、FAX、プリンタなど)も管理対象機器として登録できます。

各種対応OSなどについては、動作環境をご覧ください。

お問合せ電話番号

問合せフォーム