問合せフォーム

お問合せ電話番号


Web閲覧ログ・閲覧禁止設定

インターネットの閲覧による情報漏洩、ウィルス感染を監視

Webページの閲覧を監視、制限することでセキュリティリスクを回避

ユーザーのWebページ閲覧状況を一覧で確認し、実際に閲覧したページを表示させることで危険性のチェックも可能です。

業務に関係のないWebページの閲覧を禁止することも可能です。

掲示板への書き込みやファイルアップロードを制限し、情報漏洩対策を強化

ブログや掲示板への書き込みを制限し、Webページを介した情報漏洩を防ぎます。

さらに書き込みの制限によって、ユーザーのセキュリティ意識向上を促進します。

オンラインストレージへのアップロードログの取得・制限によって重要ファイルの流出も防ぎます。

Web閲覧ログ・閲覧禁止設定機能(拡大画像)

※画像クリックで拡大

Web閲覧ログ・閲覧禁止設定機能のご紹介

Webページの閲覧状況を把握

ユーザーのWebページ閲覧ログを一覧で確認できます。

またURLや本文に含まれる単語をキーワードに設定することで、キーワードに合致したWebページの閲覧を制限できます。

ウィルス感染の危険性があるWebページの閲覧を禁止することで、ウィルスの感染を未然に防ぎます。

キーワードごとや機器や部門別での制限設定を作成することで、業務に即した運用が可能です。

Web閲覧ログ・閲覧禁止設定対象ブラウザ一覧はこちら

「Web閲覧ログ・閲覧禁止ポリシー設定」画面

ブログや掲示板などへの書き込みを制限し、情報漏洩を防止

ブログや掲示板など、Webページへの書き込みを制限できます。

書き込み内容とURLにキーワードを設定できるので、「キーワードに合致したWebページへの書き込み」、及び「キーワードに合致した内容の書き込み」を制限します。

情報漏洩につながるURLや書き込み内容をキーワードに登録することで、Webページからの情報漏洩を回避します。

Web書き込み制限対象ブラウザ一覧はこちら

「掲示板ログ」画面

オンラインストレージへのファイルアップロードによる情報漏洩を防止

OneDrive、Dropbox、Googleドライブなどオンラインストレージサービスへのファイルアップロードを監視、制限します。

FTPクライアントを用いたファイルアップロードにも対応し、個人情報などの重要情報の漏洩対策を強化できます。

オンラインストレージイメージ
対応オンラインストレージサービス
  • OneDrive
  • Googleドライブ
  • Dropbox
  • Yahoo!ボックス
  • 宅ふぁいる便
対応FTPクライアント
  • エクスプローラ
  • FFFTP

* 対応ブラウザ、対応OSについての詳細は別途お問い合わせください。

* オンラインストレージサービスの仕様の変更により、アップロードのログ取得や制限が動作しないことがあります。

閲覧・書き込みを制限せず、注意喚起やログ取得のみも可能

Webページの閲覧や書き込みを制限せず、違反行為に対して「警告メッセージの表示のみ」、「ログの取得のみ」の運用ができるので、現状把握やキーワードの選定時に役立ちます。

機能一覧

  • Webページアクセスログの収集/検索
  • Webページへのアクセス制限
  • Webページへの書き込み制限
  • オンラインストレージへのアップロードログ取得・制限

SS1を活用した「問題解決例」はこちら

SS1の価格体系
SS1オンラインセミナー

お問合せ電話番号

問合せフォーム