問合せフォーム

お問合せ電話番号


システム管理

社内のネットワーク状況をリアルタイムで管理

WAN、LANのネットワーク図でトラブルの特定も簡単

WAN図、LAN図で社内ネットワークの状況をいつでも一目で確認できます。

監視対象の機器が接続できない場合、LAN図などに×印が表示され、トラブルが起こった場所の特定や影響範囲の把握が容易です。

メールサーバ−などの各サービスを監視し、異常を管理者に自動通知

Webサーバー、メールサーバーなど各サービスの稼働状況を監視できます。

機器の通信に異常がない場合でも、サービスに異常が発生した際は管理者に通知されるため、迅速に対処できます。

システム管理機能(拡大画像)

※画像クリックで拡大

機器管理機能のご紹介

WAN図、LAN図の作成

WAN図、LAN図を作成することで、支店間のネットワークなどをビジュアルで確認できます。回線情報やルーターの情報を登録しておくと、社内ネットワークの把握も簡単です。

LAN図では、ルーターとハブの接続状況も確認できます。

ハブ接続状況の管理

ハブのどのポートにどの機器が接続されているかを一覧で確認できます。

SNMPに対応しているハブ(インテリジェントハブ)であれば情報を自動取得するため、ポートの変更がリアルタイムで更新され現状確認がスムーズです。

接続状態が悪い場合は一覧に「×印」がつき、異常の発生場所を特定できます。

「ハブ接続管理」画面

サーバーのサービス監視

機器のネットワーク接続状況や、Webサーバー、メールサーバーなどの稼働状況を監視できます。

サービスのダウン、復位を管理者に通知させることや、履歴で確認することも可能です。

SNMP情報で機器のパフォーマンスやトラフィックを監視

SNMPを利用し、機器のパフォーマンス情報(CPU使用率、メモリ使用率、ディスク使用率)やトラフィックの状態を自動で取得し、グラフで表示します。

ディスク使用率は、複数のドライブを監視可能です。

管理者への通知もでき、「CPU使用率が80%を超えたら通知する」などあらかじめ条件を設定すると、ネットワークや機器の異常に対策を立てることができます。

「リソースグラフ」画面

機能一覧

  • ネットワーク構成(WAN、LAN)管理
  • ハブ接続ポート情報管理
  • ネットワーク接続状況監視
  • SNMP情報取得

SS1を活用した「問題解決例」はこちら

SS1の価格体系
SS1オンラインセミナー

お問合せ電話番号

問合せフォーム