問合せフォーム

お問合せ電話番号


PC操作ログ

管理対象機器の操作履歴を把握し、情報漏洩対策を強化

ファイルアクセスなど、操作履歴を監視

電子ファイルの上書きや読み取り、デバイスの着脱など管理対象機器の操作履歴を取得・監視できます。

ログを取得したい場所やユーザーを詳細に設定できるため、無駄なログを監視する必要がなく、効率的に情報漏洩対策がおこなえます。

PC操作ログ機能(拡大画像)

※画像クリックで拡大

PC操作ログ機能のご紹介

操作履歴を取得し、情報漏洩や業務効率低下につながる操作を監視

ユーザーの操作履歴を取得し、一覧で把握できます。

機密データに頻繁にアクセスしたり、コピーしたりすることがないか、業務に関係のないファイルアクセスを繰り返していないかなど、情報漏洩や業務効率低下につながる行為を監視できます。

ファイルへのアクセスは、上書きやコピーだけでなく、開けるだけで「読込ログ」として取得可能です。

ログを取得する機器やユーザーに加え、ハードディスクドライブやフォルダを指定できるので、監視に必要なログだけを取得できます。無駄が少なく、効率的にセキュリティを強化できます。

「PC操作ログポリシー設定」画面
ログの種類

ファイル操作(作成、上書き、コピー、削除、読込、ファイル名変更など)

ウィンドウタイトル

ログイン・ログアウト・シャットダウン

デバイス着脱

ログ取得対象PC・ユーザー

全社/支店/部門/PC/ユーザー/グループから選択

ログ取得場所

ドライブ(ローカル・外部デバイス・ネットワーク)/フォルダから選択

操作履歴の検索で不審な操作をチェック

PC操作ログ一覧で機器やユーザーを条件として検索すると、機器やユーザーの一連の操作履歴が確認できます。

ローカル環境にコピーした電子ファイルを、さらにデバイスへコピーするなど、ユーザーによる情報の持ち出しをログの取得により特定/把握することが可能です。

ログレポート機能との連携で、不審なログの追跡が可能

ログレポートのログ追跡機能により、特定の1つのファイルについて、情報漏洩につながるメール添付などの不審な操作を時系列で追跡できます。

リネームされたファイルでも追跡できるため、ファイルの喪失などのトラブルが発生した場合の原因究明に役立ちます。

ログレポート機能詳細

「ログ追跡」イメージ

機能一覧

  • ファイルアクセス・ファイル開封ログの収集/検索
  • アプリケーション操作ログ収集

SS1を活用した「問題解決例」はこちら

SS1の価格体系
SS1オンラインセミナー

お問合せ電話番号

問合せフォーム