お問い合わせTOP

お問合せ電話番号


SS1トップ >  SS1の特徴 >  機能一覧 >  オプション機能(リモートコントロール)

リモートコントロール

遠隔操作で離れた拠点のメンテナンスを簡単に

離れた拠点のPCを遠隔操作し、ヘルプデスク業務を効率化

SS1では、機器情報一覧からすぐに遠隔操作を開始できます。離れた拠点での機器トラブルにも即座に対応でき、システム管理者の業務負担を軽減します。

画面共有できるので、オペレーション教育にも有効

リモートコントロールする側とされる側の双方が操作できるので、トラブル解決手順の説明やオペレーション教育など、さまざまなシチュエーションで活用できます。

リモートコントロール機能(拡大画像)

リモートコントロール機能のご紹介

離れた拠点でも簡単に遠隔操作でメンテナンス

機器情報一覧や、機器検索画面、機器設置図から即座に遠隔操作をおこなえますので、トラブルにも即座に対応できます。接続オプションを選択するだけで接続できるので、複雑な設定は不要です。Windowsだけでなく、Mac OSやLinux OSにも接続できます。

対応OS一覧はこちら

リモートコントロール接続イメージ

ファイル転送機能で簡単メンテナンス

リモートコントロールの接続先と接続元(SS1管理者)のPCでファイルを転送し、メンテナンスに必要なファイルの取得、送付が簡単です。機器のメンテナンスがよりスムーズにおこなえます。

「ファイル転送」画面

マルチディスプレイへのリモートコントロールが可能

複数のディスプレイを使用しているPCへのリモートコントロールをおこなう際に、どのディスプレイに対しリモート接続するかを選択し、接続先の画面を切り替えながらメンテナンスできます。

マルチディスプレイイメージ

機能一覧

  • クライアントPCの遠隔操作
  • ファイル転送機能

SS1を活用した「問題解決例」はこちら

SS1の価格体系
SS1オンラインセミナー