問合せフォーム

お問合せ電話番号


デバイス制限管理

デバイスの使用を制限し、情報漏洩を防止

USBメモリやスマートフォンなどの使用制限で重要データを保護

USBメモリ、スマートフォン、デジタルカメラなどの記憶デバイスの使用を制限し、情報の持ち出しを防ぎます。

機器や部署、ユーザー、設置場所ごとで「読み取り専用」「使用禁止」などの制限内容を詳細に設定できるため、業務内容に沿った効率のよい運用ができます。

オフライン端末でのデバイス利用も制限可能。様々な運用に対応できます。

Bluetoothなど、通信デバイスの利用制限も可能

記憶デバイスに加え、無線LANやBluetoothなどの通信デバイスを制限し、社内PCからの外部ネットワークへの接続を防ぐことで、情報漏洩対策をより強化できます。

デバイス制限管理機能(拡大画像)

※画像クリックで拡大

デバイス制限管理機能のご紹介

様々な記憶デバイスの使用を制限

USBメモリなどの記憶デバイスの利用を制限します。

USBメモリを始め、USBハードディスクやCD-ROMなど様々なデバイスに対応しています。「CD-ROMは読み取り専用」「USBメモリは使用禁止」などデバイスの種類ごとで制限方法を設定できます。

機器やユーザー、部署ごとなど制限対象も組み合わせることで、業務内容に合わせた柔軟かつ安全な記憶デバイスの運用ができます。

デバイスの使用を制限せず、使用状況を確認する、またはデバイスの使用時に警告メッセージだけを表示するなど、制限以外の運用方法も豊富なので状況に合わせた設定可能です。

「デバイス制限ポリシー設定」画面
対応デバイス*1
  • CD-ROM(DVD)
  • USBメモリ
  • USB接続CD/DVD
  • SDカード
  • フロッピーディスク
  • USBハードディスク
  • MOドライブ
  • スマートフォン
  • デジタルカメラ
制限指定が可能な項目
  • 部門(部署)
  • 設置場所
  • 利用者(ユーザー)
  • PC
  • 時間
  • デバイスのシリアル番号
  • デバイスの型番
  • ※組み合わせ可能

* OSで認識されるUSBメモリ、USBハードディスクの種類によっては制限できない場合があります。

検証済みデバイス一覧はこちら

スマートフォン、デジタルカメラによる情報の持ち出し防止

スマートフォンやデジタルカメラなどのWPD機器*も、USBメモリなどと同様に制限が可能です。

データ転送形式で制限することで多彩な機器に対応し、詳細な使用制限とデバイスへの操作ログの取得により、情報漏洩対策を強化できます。

*Windows Portable Device

データ転送形式

USBデバイス、スマートフォンなどの登録も簡単

USBデバイス、スマートフォンなどの機器情報を登録し、使用を許可するデバイスをシリアル番号や型番で指定できます。

さらに、SS1管理者のPCにUSBデバイスを接続し簡単に登録することも可能。デバイス使用履歴からも登録できるため、USBデバイスの管理や棚卸も簡単におこなえます。

「USB登録」画面

通信デバイスの使用を制限

無線LANやBluetooth、赤外線通信などの使用も機器やユーザー、部署ごとで制限できます。

「社内ネットワーク接続時」と「社外ネットワーク接続時」でポリシーを自動的に切り替えることができます。

例えばノートパソコンに「社内ネットワーク接続時(社内で使用しているとき)は通信デバイスの使用を制限し、社外ネットワーク接続時(社外で使用しているとき)は通信デバイスの使用を制限しない」など、ネットワークの状況に合わせた運用が可能です。

また、通信デバイスの使用を制限せず、警告メッセージの表示のみの運用も可能です。

「拡張デバイス制限ポリシー作成」画面
対応通信デバイス
  • Bluetoothデバイス
  • 赤外線デバイス
  • モデム
  • ネットワークアダプタ(有線LAN、無線LAN)

SSIDによるワイヤレスネットワーク接続を監視・制限。

管理対象PCからのワイヤレスネットワーク接続を監視・制限できます。

指定のSSIDのみ接続を許可し、それ以外のSSIDへの接続を禁止するなど、ポリシーに沿った柔軟な運用が可能です。

禁止されたSSIDへの接続があった場合は、管理者への通知、違反者への警告メッセージを表示することができ、迅速な対応と注意喚起がおこなえます。

「拡張デバイス制限ポリシー作成」画面

違反行為の通知

記憶デバイス、通信デバイスの不正使用など、違反行為が発生した場合は管理者に通知できます。

デバイスの使用制限を一時的に解除

デバイスの使用制限で一時的に業務に支障が出る場合、時間や条件を区切ってデバイス使用制限を解除することができます。

出張先など、ネットワークに接続していなくても、パスワードを入力するだけで一時的にデバイス使用制限が解除されるため、状況に応じた運用が可能です。

オフライン端末でもデバイスの利用制限が可能

ネットワークに接続されていない端末でも、USBメモリなどの記憶デバイス、無線LANなどの通信デバイスの利用制限、デバイスの利用ログの取得が可能です。

オフライン端末からのデータ持ち出し防止や、情報漏洩があった場合の原因究明に役立てることができます。

「オフライン端末」管理イメージ

ワークフロー機能でブラウザからデバイス使用申請

SS1のワークフロー機能で、デバイスの使用許可をブラウザで申請できます。

承認作業もすべてブラウザ上でおこなえるため、SS1管理画面に接続できない状況でも承認が可能です。

「ワークフロー機能」についてはこちら

機能一覧

  • デバイス使用制限設定
  • デバイス使用ログ保存/検索
  • デバイス使用履歴確認
  • シリアル番号、型番登録/制限
  • 通信デバイス使用制限設定

SS1を活用した「問題解決例」はこちら

SS1の価格体系
SS1オンラインセミナー

お問合せ電話番号

問合せフォーム