問合せフォーム

お問合せ電話番号


導入事例

森ノ宮医療大学/森ノ宮医療学園専門学校様

大学・専門学校のPC管理や、校内PCのメンテナンスの効率化を実現!セキュリティ強化へステップアップ。
森ノ宮医療大学

所在地:大阪市住之江区南港北1-26-16

学部:保健医療学部 看護学科、理学療法学科、鍼灸学科

URL:http://www.morinomiya-u.ac.jp/

森ノ宮医療学園専門学校

所在地:大阪市東成区中本4-1-8

学科:鍼灸学科、柔道整復学科

URL:http://www.morinomiya.ac.jp/

みどりの風クリニック・鍼灸院

所在地:大阪市東成区中本3−15−18

診療科:内科・漢方内科・心療内科・整形外科・リハビリテーション科

URL:http://www.morinomiya-c.jp/

管理台数 250台
購入オプション
  • 未登録PC管理
  • デバイス制限管理
  • 印刷ログ
  • サーバーログ
  • リモートコントロール
  • ソフトウェア資産管理
  • インシデント管理

森ノ宮医療大学/森ノ宮医療学園専門学校様 ロゴ

森ノ宮医療大学/森ノ宮医療学園専門学校 ご担当者様

理事長 清水様(左)

情報システム部門 柘植様(右)

森ノ宮医療大学/森ノ宮医療学園専門学校様 外観

学校法人森ノ宮医療学園は40年以上にわたり約5,000人もの医療人を輩出してきました。

本学園は想いのすべてを医療に注ぎ、森ノ宮医療大学、森ノ宮医療学園専門学校、学園附属の「みどりの風クリニック(内科、漢方内科、整形外科、リハビリテーション科)」 「みどりの風鍼灸院」、さらには伝統医学の歴史的資料を公開する施設「はり・きゅうミュージアム」を有し、教育の領域に加え、地域医療や文化へも貢献しています。

IT資産管理ソフトウェア選定のきっかけ

ExcelによるPC管理の複雑化

以前はExcelでPCを管理していたが、台数の増加により管理が難しくなっていた。PCの移動を把握できないこと、Excel台帳作成時の操作ミスやIPアドレスの重複などのトラブルも発生し、この状況を改善できるツールを検討することとなった。

サーバーログ監視ツールへの不満からリプレースを検討

サーバーログ監視ツールは以前から導入していたが、複数のウィンドウを確認する必要があるなど使い勝手が悪かった。環境構築や設定もすべて担当者がおこなうため工数もかかっており、より使いやすいツールへのリプレースを検討していた。

セキュリティに対する危機感の高まり

他の大学で、非常勤の講師や学生が持ち込んだUSBメモリから校内のPCがウィルスに感染する事件が発生していた。 当校でも教員が自宅PCで作成した資料をUSBメモリで持ち込むことがあり、セキュリティ強化が課題となっていた。

SS1に決めた理由

必要な情報を確認できる使いやすさ

管理画面に統一感があり、必要な情報を迅速に確認できるように配慮された構成で使いやすい。担当者は忙しく、時間をかけて使いこなすことが難しいため、「長く使えるツール」を重視し、SS1に決定した。

コストパフォーマンスの高さ

必要な機能のみを選択できる価格体系で、コストを抑えることができた。施設内には学生用PCや職員用PCなどがあるが、まず職員用PCを管理したいと考えたため、管理台数に応じた価格設定で導入コストを削減できたことも決め手となった。

森ノ宮医療大学/森ノ宮医療学園専門学校 組織内システム構成図

森ノ宮医療大学/森ノ宮医療学園専門学校様 組織内システム構成図

導入効果

PCやサーバーログの管理業務を効率化

機器情報の収集や入力が簡単で、機器の購入費や購入場所など詳細な情報の登録や、機器設置図によるPCの位置管理など、機器に関する様々なデータを一元管理できるようになった。台帳作成のメニューが細かく、用途にあわせた台帳を作成でき、管理業務の効率化につながった。

また、統一された管理画面でサーバーログの確認も容易になった。

リモート操作で機器のメンテナンスが簡単に

大学と専門学校が離れており、機器のトラブルが起こった際は現地まで赴いて対応することもあった。しかし、SS1導入により、離れた場所にある機器のメンテナンスが可能になり、工数を削減できた。リモート操作が可能な製品は他にもあるが、SS1はリモート先のユーザーも操作を見ることができ、使い勝手がよく、安心できる。

学校ならではのトラブルも、インシデント履歴を参照し、解決

多くの学生が出入りするため、「ハブのコンセントが抜けてしまう」など様々なトラブルが起きるが、SS1のインシデント管理機能で対応履歴を参照し、適切に処置できるようになった。トラブル対応は複数人でおこなっており、インシデント管理は不可欠となっている。

今後の展望

教員PCを配布し、機器やデバイスの管理によるセキュリティ強化

大学や専門学校では、教員などの反発も多くPCの一括管理などは敬遠される傾向にあるが、当校では大学からPCを配布し、SS1で漏れなく管理することで、IT資産管理を実現したい。

同時に、USBメモリなどのデバイスについても、まずはモニタリングによる使用状況の把握などを検討し、運用ルール策定に役立てたい。

ソフトウェアライセンス管理の徹底

ソフトウェアライセンスとPCの紐づけや、メディアの保管場所の登録も始めている。今後は購入物リストの作成など、ソフトウェアライセンス管理の強化に努めたい。

SS1の価格体系
SS1オンラインセミナー

お問合せ電話番号

問合せフォーム