問合せフォーム

お問合せ電話番号


導入事例

ダイヤオフィスシステム株式会社様

IT資産やログ管理など、別々のソフトでおこなっていた管理をSS1で一元化し、管理業務の効率化とコストダウンを実現!
名称

ダイヤオフィスシステム株式会社

http://www.doscorp.co.jp/

ダイヤオフィスシステム株式会社様 ロゴ
本社

東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル9F

資本金 1億円
業種

オフィストータルマネジメント

  • デジタル複合機/FAXプリンタ等の販売及び保守
  • オフィス家具の販売及びワークプレイスの構築
  • オフィス移転・リニューアル等の総合プロジェクトマネジメント
  • 内装の設計・工事監理
  • 宅地建物取引業
  • 基幹システム及び業務システム等の販売及び構築/コンサルティング
  • PC及び周辺機器の販売及び保守
  • 情報系及び通信系におけるネットワーク等のインフラ構築
  • 通信機器/PBXの販売及び工事
  • Biznet/アスクル等のオフィスサプライの販売/その他オフィス機器の販売
管理台数 250台
購入オプション

未登録PC管理

デバイス制限管理

Web閲覧ログ・閲覧禁止設定

電子メール送受信ログ

PC操作ログ

印刷ログ

ログレポート

Active Directory連携

リモートコントロール

ソフトウェア資産管理

インシデント管理

ダイヤオフィスシステム様 企業理念

企業理念:ハート & イノベーション

お客様が多くの時間を過ごされるオフィスだから、より快適な環境をお創りしたい。それが、私たちダイヤオフィスシステムの願いです。

いつも心(heart)のこもったサービスをお客様へ。躍進する時代の流れを見極め、常に変革(innovation)する企業を目指し、ダイヤオフィスシステムは

『Heart & Innovation』を胸に邁進しています。

ダイヤオフィスシステム様 オフィス

IT資産管理ソフトウェア選定のポイント

管理を一元化でき、今までできなかった管理ができること

SS1導入以前は、IT資産管理やログ管理を別々のツールでおこなっており、管理工数と保守契約コストがかさんでいた。 そのため、管理の一元化と工数削減を目的に、ツールを入れ替えることに決定した。

様々な管理を一元化でき、今まではできなかった管理ができる機能を備えるツールであるという点に加え、必須要件としてあげた、 「基本となる資産管理機能」「USBメモリ利用ポリシーの設定の柔軟さ」「メール送受信ログ管理」の3つをポイントに、SS1を含む4製品を徹底的に比較検討した。

SS1に決めた理由

様々な管理がワンパッケージでできる機能の充実

SS1は、他社製品と比較検討する上で必須条件であった「管理の一元化」を実現できる、豊富な機能メニューを備えていた。 また、USBメモリなどのデバイス利用制限、メール送受信ログの管理など、今までできなかった管理が可能になる機能の豊富さも大きな選定理由となった。

コストパフォーマンスの高さ

ツールの入れ替えに際し、既存の複数ツールを継続使用した場合と、SS1を導入した場合のランニングコスト比較シミュレーションをおこなった。 SS1は、毎年発生する保守契約費用に加え、ツール入れ替えで発生する導入費用を考慮しても、継続運用した場合のコストダウンは明らかであった。

ダイヤオフィスシステム様 システム構成図

ダイヤオフィスシステム様 システム構成図

導入効果

ツールの一元化と、使い勝手の向上による管理業務の効率化

別々のツールでおこなっていた管理が、ひとつの画面でできるようになったことで、管理業務を効率化することができた。 また、以前使用していたツールでは管理画面が見づらく、資産情報を一度Excelデータに変換し、紙出力して確認していたが、SS1はわかりやすい画面構成のため、 資産情報を管理画面上で容易に確認できるようになり、手間の削減につながった。

ISO審査に必要となる台帳作成においても、SS1であれば要求事項に対応できるばかりでなく、 一人で複数拠点の台帳を簡単に出力できるため、人的コストの削減にも大きな効果があった。

デバイスの利用状況などの把握

デバイス利用ログを取得・分析することで、社内のデバイス利用状況を把握することができた。

ソフトウェアライセンスの管理と有効活用

ソフトウェアライセンスの過不足管理によるライセンス違反の防止や、未使用期間の把握によるソフトウェア資産の有効活用など、 ソフトウェア管理の面においても大きな導入効果があった。

今後の展望

SS1のさらなる有効活用

契約管理機能を用いたリース機器情報の管理など、SS1のまだ使用していない機能を有効活用し、さらなる管理業務の効率化に努めたい。

デバイス利用ルールなど、セキュリティポリシーの策定

デバイスの利用状況など、SS1によって可視化できた情報を、今後のセキュリティポリシーの策定に活かしたい。

SS1の価格体系
SS1オンラインセミナー

お問合せ電話番号

問合せフォーム