問合せフォーム

お問合せ電話番号


ソフトウェアのライセンス監査ってなに?

ライセンス監査とは

ソフトウェアベンダーが、ソフトウェアを利用している企業や団体などの組織に対して、ソフトウェアの利用実態を確認するための外部監査のことです。組織が保有しているライセンスが使用許諾条件に準じて適切に利用されているかを確認することになります。

この監査は、監査権に基づいて実施されますが、監査権はライセンスの利用許諾条件などの契約に記載されているものですので、ソフトウェアを利用している組織は、ランセンス監査に対応する必要があります。

ライセンス監査とはイメージ

ライセンス監査対応にかかる負担・リスク

ライセンス監査がはじまると、ベンダー、社員、社外の関係者などへの対応が増え、作業負担が増加します。

また、ライセンス違反が発覚した場合、高額なライセンス料の支払いや、企業の信用失墜など企業に甚大な被害をもたらします。

ライセンス監査対応にかかる負担・リスクのイメージ

ライセンス監査への対策を始めたい!でも課題が山積み…

ライセンス違反を防ぎ、ライセンス監査による作業負担を軽減するには事前の対策が重要です。

しかし、ライセンス監査対策をはじめるにあたり、このような課題はありませんか?

ライセンス監査をはじめるにあたっての課題のイメージ

ライセンス監査対応が手軽に始められる「ライセンス監査パック」はこちら

お問合せ電話番号

問合せフォーム